FF14: 週末をおえて

 Gysahlに移住してから初めての週末を越えた。

 週末と通常版リリースを経て、サーバーの状況はひどいを通りこして最悪だ。混雑による作成制限、ログイン制限、応答不順が恒常化している。これはいまやGysahlなどの、「当初人気とされていたサーバー」に限った話ではなく、多くのサーバーがそういう状態になっているようだ。

 この件で特に引っかかっているのは、「全サーバーのどれかに契約数分のキャラしか作れない」という料金体系だ。ログイン制限という処理をするなら、せめて「制限中に遊べる別サーバー、別キャラ」を無償で提供するのが、運営側の通すべき筋だと思うんだけど、そうでもないのだろうか。「サーバーが混雑しているので、別のサーバーで遊ぶ」ことを推奨されても、新規の人以外は「お金を追加で払う」以外にそうする方法がないわけで、そんなプレイヤーの追加課金に委ねた混雑対策があってたまるかと思ってしまう(厳密にいえば最初の1ヶ月は複数キャラを無償で作れはするけど、もちろんそんなことを言っているのではない)。

 さて、Gysahlで混ぜてもらったリンクシェル(ギルドのようなもの)は、なにやら急成長を遂げつつあって、みるみる人員が増加している。おかげでLSチャットはにぎやかなんだけども、あまりの急成長に誰が誰だかわからなくなる日も近い。というか、すでにわからないのだけど、わかっている振りをしてチャットする日々だ。キャラクター名と個性とが、私の頭の中で一致するようになるまでには、もうしばらく時間がかかりそうだ。

 そんなにぎやかなLSなので、10人超のパーティを組んでのリーヴ消化祭りなども開催される。それはそれでワイワイと楽しいんだけども、皮肉にも人数が増えたことで、やっぱりFF14はいろいろとダメだな、と思わされることも多い。

 10人超での戦いともなると、タゲれない、ラグい、表示がおかしいの3重苦。情報を正確に得て、当意即妙に対応する、という所作は基本的に取れなくなる。だから戦闘ゲームとしてはかなり大雑把に遊ぶしかなくなる。ギリギリの攻防や、返し技の使用、回避行動をとる、などは絶望的だ。「攻撃スキルをテキトーに連打して」、「回復魔法をテキトーにばら撒く」という投げやりな集団戦闘になる。当初標榜されていた、アクション性のある(?)戦闘など望むべくもない。戦闘の面白さという面だけでいえば、過去のMMORPGでは最低の部類に入るとおもう。

 またこの手のサーバーの不応答は戦闘に限らず、さまざまな局面で発生している。個人的に最もストレスとなっているのは、NPCとの取引で、1つのものを売るのに、下手をすると5分以上かかる。正直これはもうさじを投げた状態だ。売るより捨てて次に進むほうが、コスト的に優秀なんじゃとさえ思える。

 ってなわけでFF14。ソロでのキャラ育成の妙味には、UOのそれに近い妙なマッタリ感と生活観があって悪くないんだけども、育てたキャラのお披露目をする機会=集団戦闘シーンがお粗末過ぎて、正直相当テンションは下がってきている(なお、私のMMORPGをプレイする原動力の最たるものは「『ぼくのつくったさいこうのきゃらくたー』を見て!」だ)。今は、まだ新鮮味があることと、新しい出会いが刺激的なので、モチベーションもかなり高く維持できているけど、そのあたりが沈静化した瞬間に、この不可解な仕様に齧りつくようにして取り組む気力は潰えそうだ。

 だから願わくばそれまでに、それまでに改善してくれ!

FF14: 週末をおえて」への2件のフィードバック

  1. chico

    ディレクターが数十万人きても大丈夫って
    インタビューで答えてたのにね

    FF11も最初は億はするサーバー使ってたのに
    経費削減でDELLの安いサーバーにかえたらしいし
    競売についてもFF11は競売用のサーバーがあるけど
    FF14は経費削減のために削って
    代わりにリテイナーで課金ウマー作戦って話だ

    ユーザーには高性能PCを求めたくせに
    運営は設備投資をケチってる感じが気に食わないね

    返信
  2. Nez/蝿

    経費もそうだけど、
    思った以上にスクエニの技術力は低いんだな、
    と言うのが率直かつ残念な印象だ。

    FFは5以降やってないので、私の中でのスクエニは
    超巨大企業にふさわしい一流プログラマーそろい踏みの
    技術集団だとおもっていたんだけど、
    実際は下流工程に仕事を振るだけの企業なのかな。

    看板だけ大きくなっていって、
    内実が伴わなっていってなかったんだと今更知った。
    看板が大きいのは、それはそれで大きな武器だから、
    使いようだとはおもうんだけどね。

    ナーシャ・ジベリの再臨を望むほかない。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。