日記: 11月1日(2010年)

 MHP3を無事予約できたよ。いやー、今回はあせった。

 そもそも私は人気コンシューマーゲームの購入には、あまり縁がないまま今に至っているので、こういう有名人気タイトルを発売日購入する場合の、必死さの匙加減がよくわかっていないんだよね。なので、必死になって予約した今でも、「予約は必要だったのか」というのがよくわからないんだけども、周囲の切迫感に引っ張られる形で、がんばって予約をしてしまった。

 最初はかなり悠長に構えていた。

 9月半ばにAmazonをチラッと見たときに、「予約可能になったらメールでお知らせします」というボタンがあったので、特に何も考えずにそれを押しておいて、あとはボーっと待っていたのだ。

 ところが、先週になって「いや、その時点ではもうAmazonの予約は定員になっていて、それは『予約枠が増えたらお知らせします』という意味ですよ」という趣旨の情報をTwitter経由で得た。待っていれば予約をできると思い込んでいた私にとって、それはまさに青天の霹靂だった。しかも、自分としては「とても早い段階でお知らせメールの登録をした」と思っていたので、その「とても早い段階」より以前に、予約の定員割れが起こっていたという事実は、MHP3の入手難度の高さを連想させる結果になった。そして同時に、突如として大きな危機感に襲われてしまったのだ。かなりあせった。

 今にして思えば、そんなに必死になるほどMHP3を渇望してもいなかったんだけど、手に入らないかもしれないと思うと、なぜか必要以上にあせってしまった。結果として、日曜日と月曜日の午前の1日半の間、合間合間を見てはMHP3を探すことに相当の時間を割いてしまった。我ながらなにをやっているのやら。

 まずあたったのは、当初の予定通りのAmazonだ。AmazonのMHP3の販売ページを見ると、相変わらず「予約できるようになったらメールするよ」の表示だけだ。だましやがって!この!この!(勝手に勘違いをしていただけ)。しかし一説によると、ここでF5を連打していると、まれにキャンセル分がでて予約可能画面になるそうだ。私も試してみたところ、F5を20回くらい押した時点で、噂通り予約ボタンが出てきた。でも、出てきた予約ボタンを即座に押したつもりだったのに、それでも手遅れだったらしく、注文は出来なかった。たぶん、F5に命を掛けている人が何人も張り付いているんだろう。そんな人々の中で最も神速でボタンを押し、なおかつ幸運の女神に微笑まれた者のみが予約できる世界だ。私としては、さすがにF5連打レースに参加するのは不毛に感じられたので、Amazonの利用は早々に諦めた。

 続いて、楽天。楽天でMHP3を検索すると、売り切れ表示ばかりが空しく並んでいる。在庫ありだけを検索すると、辛うじて数件ヒットするものの、数少ない在庫のあるところは、どこも定価に2~3000円上乗せしたぼったくり価格で売っている残念な店ばかり。供給がなければ高騰するのは正しいとはいえ、なんだか嫌な感じだ。パス。

 仕方ない、実店舗を回るか・・・と思ったものの、面倒くさいし無駄足はごめんだ。一応情報収集を先にすることにした。

 調べてみると、もうこれが惨憺たるありさま。素人考えで行ってみようと思っていた大都市の家電量販店や、コンビニなどはほとんど壊滅状態らしい。いまさら予約を打診しても「はぁ?いまごろきても遅いッスよwww」という状況とのこと。ダメだこりゃ。

 諦めるか。はたまた、ぼったくり店に屈するか。うーむ。困った。

 しかし、そんなことを思っていた私に、一条の光が差し込んだ。

 「月曜朝にローソンでPSPハンターズモデルが予約可能になるらしい」

 そんな情報が流れたのだ。PSPハンターズモデルはMHP3に連動して発売される、PSPの限定版の本体だ。この商品そのものには興味がなかったんだけど、このニュースを目にした私は思った。「もしや同じタイミングでソフトのほうも入荷するのでは?」、と。

 月曜朝。根拠のない推測に賭け、仕事の合間合間にローソンのオンラインショップを覗いては、予約を試みた。

 試みること2回目。1回目は「予約できません」で終わったオペレーションが、今回は氏名入力にまで進んだ! こ、こ、これはキタんじゃねえええ? はやる気持ちを抑えつつ、神速で必要事項を入力し送信。数秒後、ディスプレイには「予約完了」の文字が表示された! イヤッホーゥ!

 その日の夜。ローソンで料金の支払いを済ませ、引き換え件を手にした私は、ホクホク顔で帰宅した。いやー、思えばわずか1日半の戦いだったとはいえ、かなりあせったよ。しかし、これで年末に向けて憂いはなくなったな。セブンイレブン派の私も、今回ばかりはローソンに感謝せざるを得ない。

 ローソン、GJ!

日記: 11月1日(2010年)」への2件のフィードバック

  1. Mint

    凄いね!!MHPってそんなに人気があるゲームなんだね!!
    私はゲーム機というものを一つも持っていないので、分からないが、面白いんだろうね♪
    私のゲーム世界は・・・ROとFFXIだけだったなぁ~(・д・`*) 今ではFFXIVかヾ(・ω・*)ノ

    返信
  2. Nez/蝿

    MHPは結構人を選ぶマニアックなゲームに思えるんだけど、
    そのわりには案外プレイヤーが広範な層にいるね。
    最近職場でも男女問わず隠れハンターが多数いることが判明した!

     え!シャレオツなAさんもハンター!?

    みたいな。
    でもやっぱり面白いかは人を選ぶ気がするなぁ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。