日記: 12月19日(2010年)

 スパ4のアーケード版が16日に出たということで、はたしてXbox360版とどう違うのかなどを確認したくなり、10数年ぶりにゲーセンで対戦格闘ゲームをしてきた。

 私の自宅の最寄り駅のゲーセンにはスパ4は入っていなかったので、プレイしてみたいとは思いつつ、それは諦めていた。電車を使って遊びにいくほどのモチベーションはなかったしね。ところがこの週末、実家の最寄のターミナル駅にいってみたら、なんとスパ4が入っているゲーセンが3店もあったのだ。やるな実家の街!

 よろしい、ならば対戦だ。

 ってことで、お金をすってきました! バルログで2勝3敗、コーディーで5敗。…そこは修羅の国でした。トホホ。

 全然勝てん! まぁ家庭用ですら負け犬ランクの私では、当たり前といえば当たり前か。しかしこのボコられっぷりは、家庭用で奮起するモチベーションが上がるなー。できればアーケード版と同じ仕様にするアップデートがあたってくれると良いけど、それをやるとインカムが減るだろうから、あるとしても数ヵ月後かなぁ?

 でも思ったよりゲーセンの空気は往時と変わってなかったね。郊外の街だったこともあるかもしれないけど、私自身を含め、やっぱりちょっとアレな感じの人々が集う、外界とは隔絶された空間だった。スパ4が設置してあるようなスペースは、プリクラやその他の女子供向け機器のある明るいスペースとは対極にあるしね。懐かしい殺伐さだったよ。

 逆に目新しかったのは、NESYSカードってやつかな。ICチップ内蔵のカードを筐体に指してプレイすることで、オンラインに戦績が記録されていく。オンラインに蓄積された個人のデータは、プレイ時に画面に表示されたり、端末から閲覧したりもできる。え? そんなの当たり前? いやいや、私にしてみれば未知の世界なのですよ。世界は変わったなぁ。こういうのがスト2時代にあれば、確かに熱かったなぁ。

 しかし、面白そうだと思って、私もこのカードを買ってみたんだけど、今の私の実力では、延々と負けの記録が蓄積されるだけのものにしかならなかった。「コーディー:0勝5敗(勝率0%)」とか、もうカード挿すのも恥ずかしいわ! 私にとっては羞恥プレイツールにしかならないな、これは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。