ヘルニア闘病記: 13.入院21日目/手術16日後

 もう入院している必要はないんじゃないだろうか。そんなことを考えるようになった。

 点滴が必要なほど衰弱しているわけでもないし、歩けるし、食えるし、脱走だってできる。リハビリも特別な器具を使っているわけではないから、家でだってできる。当初入院期間は1ヶ月と聞かされていたんだけど、これ以上入院しても、入院費用がかさむだけだ。1ヶ月は最長の期間であって、私のような若く回復力のある患者なら、3週間でも退院できるはずだ。

 よし、退院しよう。決めた。

 ちょうどこの日の午前に、執刀してくれた院長先生の回診があったので、おもむろに切り出してみた。

 ―もう退院できそうな気がしてるんですけどどうでしょう
 「そうですね、明日で退院しますか」

 院長先生判断早ええええ。もう少し説得が必要になるかと、いろいろと屁理屈を用意していたのに拍子抜けだ。

 ともあれ、そんなわけで急遽退院が決定した。

 この日の昼過ぎ、お見舞いに来た母にその旨を伝えると、母のほうは大慌て。退院を迎えに来る時間はどうするだとか、帰りのタクシーを呼ぶことだとか、明日の夕食は何がいいかだとか、そんなことをまくし立てながら、打ち合わせをすると、急で困るだのなんだのと悪態をつきながら、この日は帰っていった。

 その目は少し潤んでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。