RIFT: 週末の結果報告兼感想

 【進捗】

 まずは週末の結果発表。

 1stキャラ。レベル19。Rogue。Nightblade/Bladedancer/Ranger。Outfitter 100前後。Lv10 WFクエストクリア。RotFクリア。Silverwoodクエスト残あり。

 2ndキャラ。レベル26。Warrior。Paragon/Champion/Beastmaster。Weaponsmith 80前後。Lv20 WFクエストクリア。RotFクリア。MM未クリア。Gloamwoodsクエスト残あり。

 3rdキャラ。レベル1。Mage。Stormcaller/Elementalist/Warlock。予定。未作成。

 上記のようになった。あわせてプレイ時間は40時間近い気がする。やりすぎだ。

 【サーバー】

 さて、今回のヘッドスタートなんだけど、やっぱりまずはサーバーの状況について言及しておかねばダメだろう。あとで見返したときに、その状況の実感があるとないとでは変わってきそうだ。

 この開始直後の3日間、サーバーは非常に混雑した。特にオセアニア&日本人が集まるサーバーとされているWolfsbaneサーバーは、混雑度合いトップ3に入るような状況で、この3日間の大半を「2時間以上待ち」の状況で推移したようだ。

 ただし、開始3日目の日本時間夜ともなると、さすがにプレイヤーもばらけてきたのか、はたまたAFK対策が奏功したのか、一応「満員一歩手前」程度の状況にまで収まっていたようで、今後に向けた安心材料と言えなくもない。

 ログイン待ちが表示上「4時間以上」が常態となっていた開始2日間ほどは、ギルド単位での移住を本気で検討したりもした。だけど結局、2日間で育てたキャラクターのロスト、落ち着いた後の人口的不安、人間関係の断裂、などの移動に伴う負の要素を勘案して、移住案はまだ様子見という結論になった。

 とはいえ、しばらくはサーバーの混雑との戦いは続きそうだ。予断は許されない。

 【多人数表示】

 よく言われていることだけど、混雑している場でのキャラクターの表示能力が高い。グラフィックをある程度で妥協した成果でもあるけど、20人以上が入り乱れるWarfrontでも、50人以上が群れを成すRiftやInvaderのイベントでも、驚くほどストレスフリーだった。

 個々のPCの描画能力にもよると思うけど、上掲の写真のような状況でもサクサク動いている(ように見える)というのは小気味良かった。

 【Warfront】

 Premadeできないのは残念。正確に言えば、パーティーで参加することはできるんだけど、参加後にパーティーのメンバーが適性なチームに自動的に振り分けなおされてしまう。結果、一緒に戦えてはいるんだけど、ちょっと盛り下がるなぁ。できればレイド規模でも参加したいものだ。

 別に私のところはガチガチの対人ギルドでは全然ないからまだいいけど、世の中にこういう需要はないのだろうか。

 【イベント】

 例の、マップがRiftやらInvaderやらだらけになるあれ。あの状況のときに何をするのが正解なのか、よくわかってなかったし、いまだによくわかってないんだけど、どうも自動的に受諾される強制クエストを最優先にするのが主流なのかな?

 上掲の写真のときは、指揮している人が「次はそこだ!」「次はあそこだ!」と言う具合に、強制クエストのマーカーに向かって、軍勢を引き連れていた。途中にあるRiftや拠点は無視して、ひたすらクエストマークを追いかけていた。で、最終的にそれをコンプリートしたら、報酬がおいしかった。初めて紫通貨をゲットした。

 これが運によるものなのか、指揮の正しさによるものなのか。情報募集!

 【鉄】

 鉄がない。Ironがない。ついでにSilverもない。公式フォーラムにも、ないぞないぞ、草ばっかだぞ、と書き込まれていた。どうも本当に少ないらしい。おかげで珍しくやる気を出した生産は、目下伸び悩み中。

 【ギルド】

 ギルドの機能が少し寂しく思える。ギルドバンク、ホール、ギルドホールへのリコール、紋章、旗デザイン、なーんてもんが充実していると楽しいし、そこへ向けたギルドクエストならやりがいも出ようと言うものなのだが。旗の効用(?)ばかりでは、PvP勢以外には訴求力が足りない。オシャレ方面とかを強化したい。

 なお、WolfsbaneサーバーのGuardiansで活動中のギルドIMPACTでは、随時メンバーを募集しているようです。孤独に耐えかねた方、どうぞお越しください。

 【ハウジング】

 ないね。欲しいね。いや、家の装飾とかしない私が言うのもなんだけど、ギルドホールくらいは欲しい。

 【暗い】

 Guardians側Lv20~フィールドは、EQ2で言うところのローピングプレーン。鬱蒼とした森、吸血鬼、狼尾男、幽霊、ゾンビ、そんな世界。開始1週間以内でさまよう時間の相当部分が、いきなりこんな暗いフィールドなのはイヤだなぁ。WarhammerOnlineも暗いのがかなりイメージ悪かったし。

 【亀】

 コレクターズエディション特典の亀。便利な乗り物。でも亀はダサいし、余計に金がかかるしで、私は通常版でのやせ我慢スタートだった。

 結局1stキャラクターで、自力で同性能の乗り物を得るには10時間前後、レベルにして15程度になるまでかかった。2nd以降は、当然1stの支援が効くのでもっと早い。レベル6、7までは初心者ゾーンで使用不可なので、実質1stキャラのレベル7~15の間の移動力ブーストのための亀と言える。実質5~8時間だけ便利、くらいのものだ。

 このレベル帯に長距離を移動する用事はあまりないし、乗り物購入後に金がなくて困ったと言うこともないゲームだし、もう乗り物代の2.5ppは十分払える額だし、正直CEにしなくて正解だったと今は思っている。うーくくく。

 【装備】

 ドワーフ男の装備がダサい。Rogueのマタギスタイルとか、Warriorの世紀末ルックとかは最低だ。武器はかっこいいのに鎧がひどい。この部分の評価は、このゲームに私が下すもののなかで最も低いものの1つだ。改善は急務。

 あと、マント、クロークの類はないのかな。装備欄的にない気もするけど、クロークっぽいのをつけているNPCはいるんだよな。ペットの骨ですらしてる。肩装備がクロークに化けてくれる日が来ることを願っています。

RIFT: 週末の結果報告兼感想」への2件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    ほほう。懐かしいギルドと言えば、
    FoHはまだRIFTでもがんばっているようですよ。
    多分構成メンバーは入れ替わっているだろうけど。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。