RIFT: 復職

 単身戦うオフェンシブタンク、Champion、Paragon、Riftbladeの違いを、たいして使いこなさないレベルでも、プレイに差が出るほど違う部分でわかりやすく分類すると、以下のように思っておけば開始3日くらいはしのげる気がする。

 Champion:殴り。Stun
 Paragon:回避。Mez
 Riftblade:遠隔。Snare

 異論はあるだろうけど、エンジョイ勢がCCなどに細かい神経を使わずに、テキトーに使っても出る違いは上記のような部分だと思う。Championが一番殴れるし、Paragonが一番かわせるし、Riftbladeが一番攻撃機会(遠隔が豊富なので)が多いはずだ。

 今は相手に良く見るのは、Championが一番多い。というか目立つ。ジャンプして突っ込んでくる大剣・大斧持ち。食らった瞬間スタンして、そこから痛すぎる攻撃を叩き込まれる。FEZの両手ウォリそのまんまの動きだ。大槌持ちのClericと視覚的に区別が付きにくい。遠距離戦が弱いと思う。

 Paragonは相手を見ても、はっきりと「こいつはParagon!」ってやつがいない。ほとんどRogueにまぎれているか、実際にいないかのどちらかだ。多分私もしばしばRogueだと思われていることだろう。実は遠隔も結構そろっているので、死なない戦い方はしやすい。ただし遠隔だとせっかくのParry性能を活かせない。また混戦にまぎれてAEをばら撒くといったことができないので、Damage Doneがでにくい。数値好きには向かない。

 Riftbladeは見た目上の区別が付きにくい。攻撃の主力が武器に影響されないアビリティなので、普通は盾を持つと思う。あんまり弱点がない。魔法はゼロ距離でも撃てるので、遠近両用。盾を持てる分、Championより堅いだろうし、危険な先陣を切る必要もないし、ややDPSが落ちるくらいで、ある意味攻守最強。しかしその勇者っぷりで調子に乗ってると、すぐガス欠するのが難点。

 以上を踏まえて。

 Riftbladeつえええええ! ・・・っていう気がしてきたので、ヒネクレモノの私はParagonメインに戻ることにした。オフェンシブタンク各種を眺めなおしたけど、やっぱりParagonくらいの役に立ってるんだか立ってないんだか、WarriorなのかRogueなのかよくわからないやつが、一番かわいい気がする。

 PvEでも、Scarlet GorgeからScarwood ReachまでをRiftbladeで過ごして、それまでに比べていろいろと楽にはなったんだけども、こちらもまたParagonにもどしてMoonshade Highlands以降を進めている。

 ビルドも少し変えて、当座はParagon/Champion/Riftbladeにした。いい加減、使えないペットのためのBeastmasterはリストラした。そのかわりをRiftbladeにしたのは、知ってるSoulしかとっさに選べなかったのでこうなってるんだけど、これはある意味暫定だ。またParagon以外の部分は変えるかも知れない。

 それと、Paragonメインのタンクビルドも考えてみたいな。盾なしタンクとか、顰蹙を買いそうだけども!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。