RIFT: AltのRogue近況

 週末にAltのRogueをいじくった。Patch 1.2になってからRogueを触るのは初めてだ。

 今までRogueのビルドは、1)Melee DPS/PvP、2)Solo、3)Test、の3種類だったんだけど、ここを少しいじって、結果現在は、以下のようになっている。なお、Rogueに関するPatch 1.2の内容は全然知らない。

 1)Melee DPS: BD/ASN/NB
 2)Solo: NB/BRD/RS
 3)Tank: RS/BRD/RNG

 まず、Melee DPSでPvPを考慮するのをやめた。噂話レベルで聞いたところによれば、今のPvPでのRogue界のトレンドはMarksman射撃プレイのようなので、Melee DPSのコンセプトにPvPを盛り込んでも、やわらかい標的になるだけかな、と思ったのだ。だから思い切ってPvE DPSに特化した。

 Soloのほうは現状維持。従来どおりの、「Bardで回復しながらぶん殴るだけ」の特攻ビルド。考えること、操作することが極力少ないように、と言うことだけしか考えてないのほほんビルドだ。レンジ、ステルス、回復、があるのでクエスト回しが気楽。

 Tankは今回初導入のビルド。LFGウィンドウの導入で、Tank枠でパーティに入ることがあるかもしれない、という想定のもとに、今後のためにRogue Tankなるものをそろそろ体験しておくべく導入した。基本のRiftstalkerと、防御系パッシブ目当てのBardとRangerを少々。個性のないおそらく大量生産型Tankビルド。

 ってな感じだ。

 Roleがまだ3つしか買えていないので、今のところはこれだけ。とりあえずPvPが100%はできない体になってしまった。4th Roleを購入したらMarksmanで参戦しよう、とか、今のバージョンを最大限に活かしたチキン思想をしてはいるけど、30ppが今の私には遠すぎる。スキルトレーニングを考えると、50ppくらいいるしなぁ。

 で、これらを使ってみたところ、まぁまぁだったかな。

 Melee DPSは、ランダムLFGのLHにDPS枠で行ってみたところ、Lv44で参加して、Lv48 DPS WarriorよりもDPSは出せていた。1体相手ならLv49 DPS MageよりもDPSが出ていたので、そこそこチューンできていると思っていいかな。AEだとMageに劣り、Warriorにも並ばれてしまったけど、まぁ満足。

 Soloビルドは今までどおり。スキルリセットもなくて、ほとんど変化なし。気楽だけど、RiftやWarfrontに行っていないぶん、クエストのレベルがキャラクターよりも高くてつらい。

 Tankは、ビルドがどうこうというよりは、Rogue Tankの仕方、というものを理解するのに少し時間がかかった。Warriorではサモンによる敵の位置調整を濫用していたので、そういう強制的な戦闘位置決定能力がないという部分で、少し悩んでしまった。ま、今までが楽をしすぎだったということだ。あと、Rift Guardを使うことを忘れていて、しばらくは「Rogueやわらかすぎだろう」とか的外れなことを思っていて、ヒーラーに余計な負担をかけてしまってもいた。でも、慣れてくると、なかなか面白かったよ。ワープと同時にAEDDとか、周囲の敵を1箇所にまとめるスキルとか、Warriorでは使ったことのない(?)面白いものもあって、楽しめた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。