日記: 9月19日(2011年)

 とりあえず帰国報告。思いつくままにだらだら記述。

 4泊6日とちょっと欧州行きにしては短い期間だったけど、パリ旅行を終えた。今回はパリだけで、モンサンミッシェルやロアールなどへの遠出はしなかった。唯一ベルサイユまで半日かけて行ってきたくらいだ。

 今回心配していたのは、主にフランスの言語と友好度だったんだけど、私の今回の経験の範囲では両方完全に杞憂だった。

 言葉は英語の通用度が高かったし、少なくとも「通じる世界を選択」することが出来た。たとえば、カルテ(メニュー)に英仏両言語で料理が記載されている店に入る、とかね。そもそも英語もろくに話せないで、英語圏でやっていけていたので、根性で何とかなるだけの経験値は積んでいた。

 また人々の友好度は想像より遥かに高かった。正直ロンドンよりよほどみんな愛想がよかったな。ただコレは偏見ではなくて単なる今回の統計だけを述べるんだけど、女性は愛想が良くて、男性は無愛想、白人は親切で、黒人は不親切だった。最も親切だったのは、白人女性、最も不親切だったのは黒人男性だ。金髪のかわいい女の子の店員が軒並み親切とか、惚れてまうやろ。

 あともう一つ不安だった点は治安。これはまぁ、油断すると危ないかも知れんなぁ、という感じだったかな。危険なところにいかない、注意を払う、を厳守すれば概ね大丈夫だと思う。物乞いがいたり、メトロの電車内でアコーディオンを演奏しながらコインをねだるオッサンがいたりするけど、そういう世界なだけだ。

 交通機関はわかりやすい。パリ市内なら、カルネ(回数券)を買っておけば、バスでもメトロでも好きに乗って移動が出来たし、ベルサイユ行きの電車に乗るのもさほど困るポイントはなかった。英語モードのある自動券売機で切符の購入ができるので、言語的な障壁も少ない。

 で、最後に肝心の感想なんだけど・・・まぁ、こんなもんかな、という乾いた感想だ。

 西欧の教会や美術には、もう新鮮味がなくなってきているので、直接的には感激しにくかった。どちらかというと、「パリでの移動の仕方を学べた」「どこどこに行ったことがあるというステータスを得た」というような、フラグ立て作業のような気分での旅行になってしまった。いかんなぁ。

 個人的によかったのは、ノートルダムのななめ後ろからの見た目、ルーブルのサモトラケのニケ、ベルサイユの鏡の間、ベルサイユ宮殿の戦いの間、フォアグラ、ってとこかな。とりあえず疲れたので休もう。Zzz。

日記: 9月19日(2011年)」への2件のフィードバック

  1. Cyclops

    むむ、帰ってくる寸前でした。
    早く書いておこうかなと思っていたんでけど、いろいろ考えていたら遅くなってましたね。
    でも、事前によく調べたり聞いていったようで楽しんだ感じが伝わってきます。

    ヨーロッパで4泊6日は急ぎ足ですね。
    飛行機の移動でだいぶ時間が取られますからね。
    その短い時間をパリとベルサイユにしたのはよかったかなと思います。
    交通機関好きで近郊への移動が楽しみなら別でしょうけど。

    Nez的パリの感想は興味深いものがりますね。
    >言葉は英語がかなり通じました。
    >そして想像よりみんな優しかった。

    この辺はわたしもにたような感想です。
    フランス語オンリーだと思っていくと楽ですよね。
    たぶん、10年20年くらいの前のイメージを持っている人が多いのかなと。
    思ったよりもぶっきらぼうじゃないですよね。

    わたしは一週間くらいしかフランスにいたことはないのですが、少しだけ書いておきます。
    最初に泊まったホテルの掃除をしていたのが黒人女性3人くらいで、最初に「ボンジュール」と挨拶されました。
    お客さんなので当たり前かもしれませんが、廊下であってもすれ違うだけってのはありますからね。
    それをきっかけになるべく挨拶するようになりました。
    他の人も向こうから挨拶しますしね。

    なので黒人女性の印象がいいですね。
    白人女性は仕事人間ぽい印象で、白人男性の方が意外に愛想がよかったです。
    黒人男性は地下鉄などでみる貧しい印象が強いですねー。
    ただ、白人女性とほっぺたをくっつけて挨拶しているのを見たりするとだいぶ溶け込んでいるんだなとも感じました。

    メトロなどもさすがにヨーロッパに慣れているせいか余裕みたいですね。
    わたしはバスに乗る機会はなかったのですが、ちょっとどこに連れて行かれるか不安感がありました。
    でも今度行くことがあったら乗ってみたい。
    教会や美術などにあまり興味は抱かなくなったようですが、街並みはどうでしたかね。
    わたしはもっとゆっくり散歩したかったなと思いました。

    頭上の名前が赤や黄色に光っていると思ったら、水色や緑だったのでよかったですね。
    逆だとショックですから。

    あと、乾いた感想とかいいながら金髪のかわいい女の子が軒並み愛想よかったなんて最高じゃないですか。
    それだけで行った価値がありそうですけど。

    旅行記は大変なのでいいですよ。
    エッセンスを楽しめました。

    P.S. 斜め後ろから見る「サモトラケのニケ」にはにやにやしてしまいました。
       わたしも同じように感じました。
       正面から見るよりも台座の大きさもあって存在感がありますよね。

    返信
  2. Nez/蝿

    なるほど。
    人によってやっぱり感じ方も体験も違ってきますね。
    多分もっと客観的なことを言うには、
    もっと何度も渡仏しないとダメなんだろうなぁ。

    パリはとにかく世界最大級の観光客を集める都市だけあって、
    いろいろな人が、大量にいた、ってのが
    何か一つだけ挙げろといわれて選択する印象かな。
    人ごみが得意かって言うと、苦手なんだけども。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。