SWTOR: Jedi Master

 レベル50ヒットから遅れること1日ほど。無事にメインシナリオを終え、Masterの称号を得た。

 最終ミッションはなかなか難易度が高く、ソロではかなり厳しいと思われたので、知人の力を借りてクリアした。ソロで正面から勝つのはほぼ不可能で、どうしてもソロでやる場合には、柱にひたすら隠れて回復やクールダウンを待つとか、そういうシステムの隙を突いた長期戦に持ち込むしかないようだ。

 途中にはなにやら強化アイテムか何かが潜んでいそうなギミックもあったんだけども、現状はバグでそれを得ることができないらしく、せっかくパズルを解いたのに残念というようなシーンもあった。

 ともあれ、これでSWTOR最大の魅力であるところの「ソロシナリオ」のうちの1/8を食べたということになる。ストーリーは大雑把にしか捉えられなかったけど、まぁまぁだったかな。Jedi Knightは王道の主人公キャラということもあってか、展開に意外性はなく、優等生的な勧善懲悪劇だったとおもう。あーなったあの人や、こーなったこの人の後日談なども気にかかるけども、まずは一段落だ。

 しかし、このプレイ後感もシングルRPGのクリア後のそれみたいなんだよなぁ。一通りやってしまったような喪失感もあり、第2の人生に向けてやや気が抜けている状態だ。どうしたもんか。はてさて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。