SWTOR: Kaon Under Siege

 Patch 1.1で追加になった新Flashpoint「Kaon Under Siege」のハードモードに行ってきた。

 初めての新インスタンスどころか、初めてのハードモード。初物尽くしでかなりわくわくしながら探検気分。こういうとき、先頭を切れるTankは楽しい。

 難易度はさすがに今まで行ったことのあるノーマルモードに比べて高かった。特に途中の雑魚が強くて、油断すると雑魚でワイプすら全然ある、という有様。原因の一つには、私がSWTORのパーティー戦にまだ不慣れなのもあったかもしれないけども、見えないAdd(天井から降ってくる、床から湧いてくる)や、予測不能なイヤな攻撃(KB、Summon)などの、不可避な事故も多かった。まぁ、この辺は数をこなすと難しくなくなる部分だね。

 ボスのほうは、強そうなほど弱かった。一番接戦だったのは、ボスではなくて砲台射撃スポットをしのぐ部分で、あれはパーティー構成を縛るんじゃないかな、とすら思った。あとはでかいボスは楽しく、3人組のラスボスは戦術の練りようのないゴリ押しだったという印象だ。

 報酬もなかなかいいTank用の高速振動剣がでたり(ライトセイバーじゃないのかよ!)、紫生産用素材が出たり、PvE上級装備用トークンが出たりと、そこそこなものだった。また行く気を起こすレベルでは十分にあったよ。

 難点は不慣れなのと、実際に広いのとで、時間がかかってしまうことだなぁ。平日夜にやるには、9時には開始しているくらいじゃないと、少し考えてしまう。パーティー規模のインスタンスダンジョンは、最大2時間で収まるボリュームでお願いしたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。