日記: 5月21日(2012年)

 金環日食を観た。

 いつもより1時間ほど早く起床し、早めに出社。会社社屋の屋上で、のんびりコンビニ朝飯を食いながら、同僚とピクニック気分で見物。日食観察体験そのものも面白かったし、世代を超えたプチ懇親会のような状況もなかなか楽しめた。うむうむ。

 たまに太陽が雲に隠れることもあったけど、概ね良好な司会を確保することができ、太陽が欠けていき、金環になり、また徐々に太陽が回復していく様子を鮮明に確認することができた。一生一度の経験になったかもしれないな、これは。

 さて今回の観察では、2つのアイテムを使用した。

 1つはノーマルな日食グラス。VixenのSUN CATCHER-XII。いろいろなバージョンがある商品だけど、Amazonで買ったので、Amazonバージョンだ。

 もう1つはオペラグラスタイプのもの。太陽観察専用オペラグラス。3倍大きく見えるという触れ込みにつられて購入した。

 結論からすると、前者ばかりを使用した。後者はAmazonのレビューでも何人かに指摘されていたように、焦点の調整制度が悪く、左右の像がぶれてしまって、鮮明な観測結果を得られなかった。太陽光が緑色なのも雰囲気が悪く、小さくとも鮮明な黄色で観測できるノーマルな日食グラスに軍配が上がった次第。

 (そもそも裸眼かコンタクトレンズで見ることを前提に作られているようなので、この日メガネで通勤した私には適したものではなかったんだけどね)

 ま、オペラグラスのほうも、同僚の間で金環を待つ間の話題の1つになったからいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。