GW2: 高収入&共闘の1日

 相変わらず日本のコアタイムのWvWvWは、我らがJQサーバー1強体制が続いている。

 のだけども、前シーズンよりは敵の抵抗も激しく、特にSIサーバーのアジア勢は、盛んに攻撃を仕掛けてくるので、まだしも歯ごたえがある、という状態だ。

 そんな状況の中、お世話になっているギルドDeath Chainsawの軍勢は、今日も今日とて遊撃隊のような動きを志向しているようだった。そういう動きになるのは多分、このギルドのカラーのようでもあるし、また中規模の戦隊が単体で、主体的にできることや楽しめることを突き詰めると、自然とそういう動きになるのかもしれない。本隊にまぎれてばかりではギルドの醍醐味が薄れるし、別働しても正攻法では敵本隊に勝てないし。遊撃隊になるのもむべなるかな。

 さて、この日は運が良かったというべきか、リードの冴えというべきか、同等以下の相手に負けることはほとんどなく、同等以上の相手でも善戦し、圧倒的な数量の差以外では連戦連勝といっていい、すばらしい結果だった・・・気がする。もう正直覚えてないけど、たぶんそんな感じだった。

 特に気持ちがよかったのは、写真にも載せたサプライ洞窟内での一戦。南口の味方とにらみ合っていた敵軍を、北口から急襲して一網打尽。戦闘後には、私の少ない戦歴では見たことがないほどの、大量の戦利品が床に散らばって、大変な回収作業にうれしい悲鳴だった。1戦闘当たりのバッグ個数記録としては、私のキャリアハイ更新だったのは間違いない。

 またこの日は別のギルド(RIFTの頃の仲間が何人かいた)との共同戦線を張ったりもして、そういう意味でもいつもとは感じの違うWvWvWだった。共同戦線は新鮮で面白かったけど、気を遣う部分もあって、いつもより若干動きが硬くなってしまったきらいもあったかな。いい意味でのいい加減さがないというか、博打を打たないというか。すばやい決定、柔軟な方向転換、というような、入隊以来感心していたギルドの特色が、やや損なわれていたような気もする。チームワークってのは一朝一夕では難しいのかもしれないな。

 え? 付いて行くだけの新人が生意気言うなって? うへうへ、すんません。

 とはいえ、共同戦線は楽しかったし、しっかり儲けたし、勝利の味も味わった。個人的にはかなり楽しいWvWvWだったよ。あとはこれで、描画ラグの不具合さえ改善されればいうことはないんだけどなぁ。

GW2: 高収入&共闘の1日」への2件のフィードバック

  1. Papa

    付いて行くだけの新人?
    なんかカマトトぶってますねw
    VCにすっかりなじみ、DCメンバーが見落としがちな、チャットでの情報をしっかり拾い、敵と当たればテロリストのように攻撃、逃げ足も速い。
    ブログで既にギルドの広告塔にもなっているし。
    すっかりちゃっかり存在感を発揮してますな。
    まあ、楽しんでいただいているなら、人を勧誘するなんて初めてなパパとしてもほっと一安心。
    DCは元々、あまりメインフォースになったり、他所と連携するタイプではなくて、機動力を重視してゲリラ活動を好むんですよ。
    悪く言えば、無責任に遊びたいというw
    ただ、GW2では結構人数が増えたんで、ガチで当たることもできて、楽しいです。
    Grdを前面に立ててチャージという基本戦術で戦えるしね。
    まあ、NezさんのGW2寿命が少しでも延びれば何よりです。
    コメントのときはカマトトぶっちゃうパパでした。

    返信
  2. Nez/蝿

    いやいやいやいや。まだまだですよ、いや本当に。
    マインドがまだ仲間とお客さんの中間。
    シージ代とかどうしてるんだろうなぁ、とか思いながら、
    身銭を切らないでメンバーに甘えるプレイ。うえっへっへ。

    ともあれ新鮮に楽しんでいますよ。
    昨日の待ち伏せおもてなしプレイはよかったなぁ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。