MWO: 続・ドラゴンライダー

 ドラゴンに乗り換えて遊び始めたわけなんだけども、最初は1つの型番だけを買って新鮮さを味わうだけ、というような遊び方だった。でも結局、ドラゴンの中途半端さのような部分が面白くなってきてしまって、残りの2つの型番も、Foundersで入手していたMCで一挙に大人買いしてしまった。

 今はその3つをそれぞれに改造して、スキル上げをしている段階だ。

 そこで今回はそれぞれの型番をどうしているかを紹介して、お茶を濁したい。

 【DRG-1N】

 HardpointがBallistic×2、Energy×2、Missile×2。これを見て「おお、これならLRM15×2のミサイルボートとかできそうだな!」とか思って買ったら罠だった。Missile×2のHardpointが胴中央に集中しているので、空きが2スロットしかないという。なので、1スロットのミサイルを2つか、2スロットのミサイルを1つしか装備できない。

 ってことで、こいつはGauss Rifle×1、SSRM2×2、という微妙なバランス型で運用することにした。ミサイルが2つ、という個性をどうしても活かしたかったのだ。

 Gaussが主力で、SSRM2は軽量級への威嚇。2列目からこそこそ狙撃気味に戦いつつ、高速機が寄ってきても少しは自力で追い払える…という器用貧乏狙いだ。旋回戦をする気は少ないので、エンジンを260に落として、空いた重量で弾薬を積んでいる。あまり本気で改造していないので、XLエンジンにはしていない。

 【DRG-1C】

 HardpointはBallistic×1、Energy×4、Missile×1。レーザーを撃てといわんばかりの型なので、素直にレーザー専門で改造した。

 装備はLL×2、ML×2。レーザーは公称DPSに比べて、体感DPSが低い感じがするんだよなぁ。公称値を信用すれば合計DPSは6.75くらいで、照射漏れの分を差し引いても、DPSが3.75のGauss1門よりは強いはずなんだけども、とてもそうは思えないことが多い。相手が棒立ちであっても、どれだけ当てれば沈むんだよ、っていうくらい当てても当てても沈まない。

 ま、動いていても当てやすく、弾が切れないのがレーザーのいいところだと思うので、動き回りながら焦れずに長期戦で照射し続けるのが正しいんだろうな。そういう意味で旋回戦向きだと思うので、こちらはエンジンを300のままにして速度を重視している。遅いアサルトにも、早いライトにもそこそこ対応できる。はず。

 【DRG-5N】

 HardpointはBallistic×3、Energy×2、Missile×1。こちらはBallisticを撃てというような型。しかし3つのBallisticがすべて右腕に集中しているという嫌がらせ込みなので注意が必要。右腕にはスロットが9個しかないので、AC/2を3つか、AC/5を2つか、それより重いのを1つか、というくらいしか装備の選択肢がない。左右に1つずつあれば、夢は広がったというのに。設計者出て来い。

 とはいえ、せっかくの3スロットは個性として活かしていきたいところ。ってことで、3スロットを活かせる唯一の選択肢、AC/2×3、という構成で遊んでいる。AC/2は単発は弱いものの連射が効くので、実は火力が高い。そして衝撃力もあるので、当てれば相手の照準がずれるという付加効果もある。優秀な武器だ。

 欠点は、動きながらだと相手に当てるのがとても難しいということと、このドラゴンの場合右腕に武装が集中しているので、右腕が折れただけで終わるということだ。基本反時計回り。高速機が天敵。

 トータル的にドラゴンはHardpointに恵まれてないことがよくわかった。でもおかげで、考える余地があって面白いともいえるね。1NはAC/2×2のほうがいいかなぁ、とか、1CはPPC試してみたいなぁ、とか、5Nは補助でMLいれようかなぁ、とか、妄想は膨らむ。

 こうやって考えられるうちが、一番楽しい。

———-
 【Stats】
 Date: 11.16.3049
 XP: 160,012 (102,931)
 Wins/Losses: 117/119 (68/85)
 Kills/Death: 208/80 (137/59)
 K/D Ratio: 2.60 (2.32)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。