DDO: あと3週間の命

 Neverwitnerのリリースが待ちきれないために、6年ぶりに再びはじめたDDOなんだけども、アカウントをアクティベートした直後に、「Neverwinterが今月末に開始」というニュースが飛び込んできてしまった。

 つまり、DDOで遊ぶのもあと3週間あまりということだ。思ったよりNW早かったわー。思ったよりDDOの命脈短かったわー。

 ということで、いくら頑張って成長させても、すぐに引退することが分かりきっているという、歯ごたえのないDDOライフと相成ってしまった。

 普通のMMORPGだと、こういう状況ではあまり熱中できない。概して「キャラクターを成長させるゲーム」であるところのMMORPGにおいて、成長させることに未来がないとわかったら、もう遊ぶ意味が薄れるからだ。でもDDOの場合、キャラクターの成長要素と同じくらい、個々のダンジョンの「面クリ」要素が強いので、相対的には引退が先に見えている状況下での、モチベーションの低下度は小さくすんでいる。

 ダンジョンの難易度をエリートやハードにしてみんなで乗り込んでは、2時間奮闘した挙句、ボロボロになってリタイアとなり、経験値も得られず、装備の修理費はかさみ、前日の同じ時間から何も成長していない・・・というようなこともしばしば。それでもそこには笑いがあり、驚きがあって、なかなか楽しめている。

 現在レベル5(SOR5)。このペースでいけば、Neverwinterまでにはレベル7、8くらいにはなるのかな。早く打ちたやファイヤーボール。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。