日記: 7月12日(2013年)

 発表直後から目をつけていた、今年のauのスマートフォン夏モデル「AQUOS PHONE SERIE SHL22」がリリースされたので、すぐさま買い換えてきた。

 買い替えの動機の最大のものは、ずばり、バッテリーの持ち、だ。

 今まで使っていた、ARROWS Z ISW11Fは、もうどうしようもないほどバッテリーの持たない機種だった。出先でちょっとWebをみたり、地図を参照しながら旅をしたり、写真を撮ったりしていると、半日程度で息切れしてしまう。これには辟易していた。

 だからARROWS Z購入後1年も経つと、「バッテリーの持ちが売り納得できる機種が出たら買い換えるぞ」と誓っていたのだ。そしてそんな私の御眼鏡にかなったのが、このSHL22だった。

 バッテリー容量が倍増している上に、IGZO技術の省電性も評判が悪くない。ディスプレイ解像度も見栄を張らずにHDでとどめて、名より実を取っているようなところも気に入った。そして私の好きなブルーもラインナップされている。

 もう見た瞬間に、これは買うしかないでしょう、という感じだった。

 で、購入して1日。いろいろいじくったので、その感想をつらつらと。

 【いいところ】

  1. やはり電池の持ちはかなりいい
  2. 見た目やタッチ感度は及第点
  3. LTEはなんか速い気はする

 【微妙なところ】

  1. サイズが大きい
  2. ホームボタンが物理ボタンじゃない

 【だめなところ】

  1. プリインストールソフトが多すぎ
  2. そして消せない
  3. そして勝手に常駐する
  4. そして勝手に通信する

 いいところは期待通り。散々Webやら電子書籍やらを見ても、明らかに今までよりもバッテリーが減らない。大体iPhone4と同じかそれより減らない感覚。ただ、ディスプレイを消した状態で放置しているときの消費は、iPhoneより多い気がする。

 微妙なのはサイズ。ARROWS Zよりも一回り大きい。持ちにくく、携帯しにくく、操作しにくい。またホームボタン等の3ボタンが、物理ボタンじゃなくてタッチパネルなのは、ちょっと押した感覚があやふやで好きじゃないかな。

 そしてだめなところ。変なプリインストールソフトが多い上に、勝手に通信をしてるっぽいんだよね。欲しくもない新作情報のようなものが通知欄に入ってくる。気持ち悪すぎ。頑張っていろいろ消したり、設定で止めたりしているんだけど、全部を網羅できているかがわからなくて、いつまでも気持ちが悪い。通信用デバイスに、自動的に通信を行うソフトをインストールして販売するのは違法にしてくれ、とすら思う。

 ってことで、ハード面では大満足、でもソフト面で少しまだ気持ち悪い、っていうのが第一印象かな。いずれにしても、これから2年近くはこいつと付き合っていくと思うので、いろいろ折り合いをつけながら、慣れ親しんでいこう。

日記: 7月12日(2013年)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 日記: 7月22日(2013年) | Fly!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。