FF14: 2.1初日。蛮族デイリー。極ガルーダ

 ついにきた、パッチ2.1!

 ってことで、私も導入初日の夜を存分に楽しんだよ。

 初日にやったのは、「蛮族デイリー」「極ガルーダ」「ウルヴズジェイル(PvP)」の3コンテンツ。それぞれについて、ファーストインプレッション的なやつを書いていこう。

 【蛮族デイリー】

 近年のMMORPGでおなじみの、よくあるデイリークエストのシステム。毎日「デイリーをこなさなきゃ」という強迫観念に襲われる、悪い子コンテンツでふっち。

 報酬のメインは「評判」。評判を上げることで、蛮族ベンダーから特別なものを購入できるようになる。その売り物の目玉は、染料、乗り物、家具、ってところかな。

 デイリーは1日に6回しかこなせない。そして初期段階(友好度:中立)では、1つの勢力から3回しかクエストを受けられない。なので、現在導入されている2つの勢力の蛮族デイリーを、毎日3回ずつ平行して進めるのが、今は最高効率ということのようだ。

 「友好度:中立」よりも上になれば、多分、1つの勢力から受けられるクエストも増えるんだろうから、1つの勢力に特化して上げるパターンと、2つの勢力をそのまま平行していくパターンの、2通りに分かれるんじゃないかと思う。

 たぶん、友好度があがって増えるクエストは、「友好度:中立」で受けることのできるクエストよりも、報酬評判値が多い設定になるだろうから、両方をコンプリートするつもりなら、長い目で見れば最短ルートは平行上げなんだろうけども。そこまで我慢できるか、っていう問題になりそうだ。

 クエストの難易度は友好度:中立のものはLv43なので、Lv50キャラでは余裕だった。6つこなして30分っていうところ。

 【極ガルーダ】

 久しぶりに手探り感あふれる攻略ができた。1時間強くらい頑張って、残念ながら倒すことはできず、メンバーの時間的な都合で撤退したけども、攻略法を見つけながら遊ぶのは、過程が楽しいね。

 翌日の今現在、この記事を書いている段階で、早くも極ガルーダのギミックの大半は、2chなどで公開されているようだけど、書いてあるようなことは、おおかた想像できるところまでは、昨日の段階でいけていたかな。

 個人的に難しいのは、天から降ってくる羽のAoE。あれ、見てから避けるの無理だと思うんだけど、安置を覚えゲーでいいのかな。そこが1つの課題。

 もうひとつは、ターゲットマークが付いてからのAoE。ダウンバーストってやつかな。あれが時々恐ろしく痛くて困る。ダメージ頭割り説とか、真下安置説もあるけど、どうなんだろうな。頭割りは実験したけど、正しいような、正しくないような、よくわからない雰囲気。

 ま、基本的にはパターンっぽいので、もうちょっとFCでやればいけるような気はしているよ。昨日分かったことをちゃんとこなせれば、倒すのもそう遠くは無いはずだ。

 ただこれ、IL60とかじゃ、相当厳しいだろうな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。