LoL: チームビルダー、ほか

 この1週間でいろんな事が起きているLoL。

 まず明るい話題というか、目新しい話題が表題にもなっているチームビルダー。

 従来のLoLでは、ブラインドピックであれ、ドラフトピックであれ、「キューを入れてチームに分かれてからチーム内でレーンやロールを決める」という順番だった。これを、「レーンやロールを決めてから、キューを入れてチームに入る」という順番でマッチメイキングをするというのが、このチームビルダーだ。

 写真では私は、ShyvanaでTopでTankをする、と決め打ちしてから、キューを入れている。ま、要するにMMORPGのダンジョンファインダー方式ですな。

 ドラフトピックのあの独特のワクワク感はないけど、そのとき、そのときにやりたいチャンプやロールを確実に選べるというのは、練習などにはよさそうだ。なお、現在この機能はβテスト中で、明後日にはもう使えなくなるらしい。

 では続いて、暗い話題。

 まず、先週末にかけて、LoLで恐ろしい接続不良事件が発生した。日本居住者の大半の人は、普通の状態ではプレイできないという有様。接続不良の挙動をみるに、日本のIPからのアクセスが遮断されているとしか思えないほど、問答無用で拒否されていた。一説には、アジア系IPからのDDoS攻撃に対する対抗策のとばっちりを受けたとかいうまことしやかな話もあるけど、真偽は不明だ。

 結局、WTFastのようなトンネルツール(?)を使うなどしないことには解決はしなかった。でもこのツールを通すと、やっぱりいつもより重いし、早く安定し、再発しないでいてくれることを願うよ。

 もう1つは個人の環境の問題だと思うんだけど、LoLのプレイ中にクライアントのクラッシュが頻発するようになってしまった。完全に自分のせいではあるんだけど、原因が特定できてないのでお手上げ。クラッシュすれば、再起動をして復帰するまでの間に、味方は4v5の戦いを強いられるわけで、多大なる迷惑をかけてしまうし、自分も面白くないしで、かなり重大な問題だ。このまま改善しないようなら、もうLoLをプレイできないなぁ、というような末期的な状態。どうしたものやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。