日記: 5月28日(2014年)

 インターネットが当たり前の昨今、もう情報というものは必要なものが必要なだけ簡単に見つかるような気がしているけど、でもやっぱりなかなか見つからない情報もあるな、と痛感した。

 7月予定の渡英に向けて、レンタカーの予約をしようとしたのがそもそもの発端だ。

 結論からいうと、「ターミナル5に隣接する営業所をもつレンタカー会社はAVISとBudget(たぶん)」ということがわかったんだけども、その情報を引き出すまでにはかなりの時間を要した。

 「ヒースロー空港」「レンタカー」というような検索をすると、決まって出る情報は以下のような内容だ。

  • ヒースロー空港のレンタカー営業所はターミナルから離れている
  • 各レンタカー会社の巡回バスに乗ってそこまでいくべし

 たぶん、一定以下のウェブリテラシーしかない人は、この情報までしかたどり着けないだろう。だから、どのレンタカー会社で借りても、どうせ巡回バスに乗らされるのだから、各社の営業所の地理的条件を考慮する必要はなく、知名度や価格やプランだけで選べばいい。

 でもさらに調べていくと、気になる点が出てきた。

 一部のレンタカー会社(AVISやBudget)は、いざ料金などを調べようと各社サイトで営業所検索をかけると、ターミナル1,2,3という営業所と、ターミナル5という営業所の、2つの営業所を持っているのだ。しかも、ターミナル5の営業所の位置は、ターミナル5に重なっているように見える。これは実に怪しい。

 もしやこれはターミナル5から至近の営業所があるのではないか? それならその会社で借りるのが圧倒的に楽そうだぞ。そう思って、今度は「ヒースロー空港」「AVIS」「ターミナル5」とか、「ヒースロー空港」「Budget」「ターミナル5」とかで検索してみた。これできっと期待する答えが出るだろう。

 ・・・そう思ったんだけども、しかし当ては外れてしまった。検索しても何の情報も出ない。相も変わらず「ヒースローでレンタカーを借りる時にはバスに乗りましょう」だ。ヒースロー空港の最新のレンタカー事情について、少なくとも日本語による詳細情報は表に出ていないのかもしれない。

 そこで、「Heathrow」「Terminal5」「AVIS(Budget)」などと英語にして検索をしてみた。すると、やっと上記の真実にたどり着く事ができた。

 事情としては、このようなことらしい。

 「2008年に新しくオープンしたターミナル5。それから遅れること数年後の2013年に、AVISとBudgetが相次いでT5隣接型の営業所をオープンした。借受時間の15分の短縮を実現した」

 なるほど。であれば、ターミナル5に到着する便で渡英する人にとっては、AVISまたはBudgetにすることが、大きなアドバンテージになるかもしれない。いや、なる。かなり重要な情報だ。

 そんな重要な情報は、今の時代、すぐに広まってしかるべきだと思っていたんだけども、実際はこの有様。去年の話とはいえ、インターネットの情報の速さからすれば大昔の話だ。それが未だに日本ではほとんど知られていないとは・・・。

 全人類的な「知」の共有、というようなことは、まだまだ夢物語の世界ですな。

 しかし、うーん。AVISやBudgetの日本代理店も、こういうことをもっとちゃんとアピールすればいいのにな。Hertzに知名度ではガン負けしてるんだから、頑張ればいいのに。もったいないことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。