日記: 7月5日(2014年)

 俺は引越しを終えたぞJOJOォッッッ!

 ってことで、引っ越しました。さようなら東京都、よろしく埼玉県。

 引越し屋さんの到着が午前8時30分、という鬼スケジュールだったので、せっかく早起きするんだったらと、朝5時に起きてブラジル×コロンビア戦を視聴しながら最後の荷造りを行った。途中から荷造りのほうに夢中になってしまって、問題の背骨直撃真空飛び膝蹴りのシーンは、完全に見逃した。「あれ?ネイマールいないの?なんで?」状態。

 で、引越し屋さん登場。高身長、イケメン、細マッチョ、爽やか笑顔のおにーさん。もうなんというか、目の前に立たれただけで、いささかの敗北感を味わう。ハレの引越しの日に、ダメージは小さくないぞ、コラ・・・。

 いくつかの確認事項を経て、荷物の搬出が始まる。てきぱきと小一時間で搬出が終わり、現地へ移動。現地でもやっぱりてきぱきと搬入され、午前8時30分に始まった引越しは、移動に関しては正午には終わってしまった。早かった。

 引越し屋さんに「荷造りが完璧すぎてすごく楽でした」とか褒められたが、かといって別に値下げはされなかった。値段が同じである以上、荷造りでできるだけ手を抜いたほうが、つまり引越し屋さんの労力を増やしたほうが、費用対効果の面では有利と言えば有利なんだろうけど、どうしてもこういうときに、できるだけ業者負担が小さくなるように頑張ってしまう几帳面な私。ええかっこしいなのだ。

 さて、荷物の移動は終わったけど、私の闘いはここからだ。

 ダンボール箱の中から、せっせと家財を再配置していく。疲労困憊になりながらも、8割がたの荷物を配置し終えたのは、午後3時過ぎだった。ずーっと立ち通し、歩き通しの作業で、狭い家の中でしか移動していないのに、足の裏がジンジンと痛むほどに疲れてしまった。休み休みとはいえ、3時間も裸足で歩き続けたわけだから、痛くもなるか。

 ここまで頑張ったんだけども、いくつかの問題が残った。

 1つはネットがつながらないということ。これはかなり致命的なんだけども、自分ではどうしようもないので、 NTTを呼んで翌日に対処してもらった。結果的には、マンションの共同の管理部分のスイッチがオフになっていたとかなんとか。

 1つは風呂場の換気扇が動かんということ。これは月曜になって気が付いたので、今後対処予定。

 1つは水圧が弱いということ。シャワーが弱すぎるよママン…。この件についてググると、「マンションはそんなもんです」「直りません」とかいう絶望的なコメントがほとんど。うーん、慣れるしかないのかなぁ。

 ともあれ、新生活の開始だ。慣れるまでは大変だろうけども、楽しみを見出していこう。うむうむ。

日記: 7月5日(2014年)」への6件のフィードバック

  1. soul

    水圧上がるシャワーヘッドに交換すればどうか
    退去前に戻せば良いし
    よほど古くなければクルクル回せば取れるはず

    返信
  2. Nez/蝿 投稿作成者

    そんな解決しか見ないんだよね。
    しかしそれでは風呂桶に水が溜まる時間が
    クッソ長いとか、そういうのは解決しないよなぁ。

    ま、とりあえずシャワーだけでも改善すべく、
    シャワーヘッドは検討してみる!

    返信
  3. Nez/蝿 投稿作成者

    当然ですがリアルタイムにはしりませんよ!

    たぶん私の場合はTHE MOMOTAROUあたりからの知識

    返信
  4. ピンバック: 日記: 2月12日(2017年) | Fly!

  5. ピンバック: 日記: 7月4日(2018年) | Fly!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。