LoL: デュオでノーマルの日々

 DDONの自分的ブーム終了(?)以降、「メインのオンラインゲームはLoL」という状況が続いていて、1ヶ月以上の間にわたって、ほぼ毎日数戦は遊んでいる。私にしては、かなり精力的に遊んでいるといえるんじゃないかな。

 で、「これだけ遊んでいれば、さぞ腕前も上がるだろう」と思いたいところなんだけども、これがまためっきりさっぱり上達しない。この辺は、私個人の吸収力やポテンシャルの問題もあるだろうし、そもそも上達しようと思って遊んでいるのか、という気持ちの問題もあるんだろうけど、まぁ、今は遊んでいて面白ければ、それでよかろうと思っている。

 このところのプレイは、もっぱら友人Cとのデュオによるノーマルドラフトばかりだ。むしろソロではほとんど遊んでいないかもしれない。デュオが楽しいのだ。

 思うに私は、VCで2人してギャーギャーと年甲斐もなく騒ぎ、叫び、時に罵りながら遊ぶことのほうに喜びを見出しているような気がする。プレイそのものよりも、騒いでストレス発散することのほうが面白くてLoLを遊んでいる、というような状況だ。

 外から見たらかなり荒れた発言を繰り返すVCになっていると思うんだけども、友人Cとの間では、おそらくもうそういう罵詈雑言が、一周して普通のものとなってしまい、それ単体でなにかを勘ぐりあうこともなくなってきている(たぶん)ので、気兼ねなくぶちまけられて気楽だ。「王様の耳はロバの耳」における「地面の穴に叫んでいる」ような状態で気分がいい。

 一方プレイそのもののほうはというと、相変わらず所持チャンピオンのマスタリーポイント稼ぎに精を出しているだけだったりする。レベル5に達したのが、Kennen、Ezreal、Evelynn、Ekkoだったかな(”E”ばっかだな)。これに追随するレベル4が、Kindred、Fizz、Corki、などなど。

 新しいチャンピオンを買うだけのIPはあるんだけども、買ってしまうとまたこのマスタリーポイント稼ぎという遊びのゴールが遠のいてしまうので、しばらくは持っているチャンピオンで遊んでいこうと思っているよ。

 少なくともシーズン6開始まではそんな予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。