日記: 5月10日(2016年)

 Far Cry4クリアー!

 ・・・Overwatchのベータから製品版までの浮いた期間のつなぎにもってこいだと思っていたら、β終了日に少しプレイしたら、あっさり終わってしまった。予定より早すぎた。

 とはいえ、まだ終わらせていないサブクエストや、踏んでいないウェイポイントがたくさんあるから、オープンワールドでもう少し遊べるんだけどね。でも、とりあえず一通りメインコンテンツは終わってしまったということだ。

 ってことで、このゲームの感想については、ゲーム開始時にも述べたんだけども、改めて終わらせてみての感想を述べて、最後の記録としておこうと思う。

 【シナリオ】

 いきなりネタバレするけど、これがモヤモヤ感いっぱいの展開だった。

 大筋は、独裁者が暴政を敷いている国家で、主人公はテロリスト集団に加勢し、国家転覆に一肌脱ぐ、という筋立て。そのテロリスト集団には2名のリーダーがいて、どちらかに従って独裁者を倒せばクリアーとなる。しかし、この2名のリーダーがどちらも思想が極端で、どちらに従ってクリアーをしても、従ったほうのリーダーはもう一方のリーダーを殺害し、前独裁者と変わらぬ暴政を敷くようになってゲームは終わる。正義がどこにもない。結局、一般国民は救われない。

 普通こういうゲームだと、両方を和解させる、とか、両方を打破して自分が指揮する、とかいう第3ルートがあるものだとおもうんだけど、全くそういう妥協案が用意されていなかった。Fallout 4のように、用意されていないならいないなりに、各選択肢の間に大義があれば、まだしも自分の正義に従って選択できる。だけど、このゲームの場合、用意された選択肢がどれも明確に悪辣で大義がないので、自分を納得させられるような展開が存在していない。そこが私には大きな不満点となってしまった。

 希望あるエンドがまるで用意されていない。頑張った甲斐がない。そういう残念なシナリオだった。

 【武器】

 現実世界に即した武器がたくさんある。種類が多いのはいいことだ。選ぶよろこびがある。

 ただ、基本的に武器はゲーム展開に応じて順次アンロックしていく仕組みになっていて、後からアンロックされたものが、先にアンロックされたものの上位互換になっている、というケースが多い。そしてその性能アップを前提に、ゲームの難易度も上がっていく。だから、武器は好みで選んだ武器を使い続けるというよりも、徐々にアンロックされた上位版に乗り換えていく、とせざるを得なくなる。

 せっかく種類が多いんだから、好みで選べるシステムにしてくれればよかったのになぁ、と思わないでもなかった。少し意地になって、好みで持ち運んだものもあったけど、結局それを使う機会はなく、強武器に頼ってしまうミッションも多かった。

 特に終盤になってくると、一部の武器が強すぎて、他の武器の出る幕はほとんどなくなってしまった。例えば終盤で手に入るLMG「バズソー」は、弾1発の威力が普通のスナイパーライフルのヘッドショット並の威力で、なおかつ怒涛の連射力と、長大な射程を併せ持つというトンデモ武器。遠距離から斉射すると、かすっただけで敵兵が死んでいった。ひどいはなしだ。

 それまでジェームス・ボンドのような潜入工作兵プレイを満喫していたのに、これを手に入れたらゲームがランボーかコマンドーのようになってしまったよ。まぁ、気分が変わってよかったのかもしれないけども。

 【成長】

 経験値をかせいでも、ほとんどの成長要素が戦闘能力に直結しないのは残念だった。効果のあったのは、ライフが増える、というやつくらい。成長にロマンがなかった。

 ピストルマスタリーとかスナイプマスタリーとか、そういうものがあったほうが、経験値を稼ぐ楽しみがあったように思うよ。

 【戦闘】

 野生生物が人間より怖い。索敵能力が高くて、ステルスがほとんど効かないのが主原因。肉食獣相手は先手必勝しにくく、殴られてからの対応になるから、無傷の勝利を得にくい。なお一番強い生命体は、ゾウでもクマでもトラでもなく、サイだった。

 逆に人間はすこぶる弱い。索敵能力が低すぎて、90%以上のケースで、気づかれる前に倒せてしまう。サイレンサーつきの銃さえあれば、何人相手でも余裕。必ず発見されてしまうミッションや、コソコソやっていると時間がなくなるミッションを除けば、ばれずに倒すプレイで完勝できた。

 そして終盤は、強武器で無双プレイ。総じて難易度は低かった(難易度:ノーマルでプレイ)。

 【アクティビティー】

 アクティビティー、って最初なにかと思ったけど、要するにサブクエストのことだった。

 シャングリラ、アリーナは面白くなかった。この手のゲームにおける戦闘は、自分で揃えた武器、スキルのセットアップの威力を発揮するのが楽しいわけで、用意された限定状況は余り楽しくない。モンハンの闘技場がフィールドより面白くないのと同じだ。

 比較的面白かったのは、輸送護衛かな。テーマパークの砲台ゲーム、という感じでよかった。

 レースは難易度は低めの覚えゲーって感じ。山間部しかないゲームなので、風景に変化のあるGTAに比べると単調だった。

 そのほかは基本的には普通の戦闘ものだった。暗殺とか狩りとか人質救出とか。種類ごとの内容がワンパターンで見飽きたけど、まぁサブクエストなんてものはそんなもんでしょう。

 メインシナリオを終えた今、残ったコンテンツはアクティビティーだけだから、じっくりと潰していこうと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。