ESOJP: ダンジョンの闇

 アルドメリ・ドミニオンの一兵卒として誕生したワタクシ。

 初心者エリアを抜け、最初のゾーンであるオーリドンの冒険もあらかた終えた。その終盤、最初のグループ向けインスタンスダンジョンを発見したので、早速グループファインダー機能を利用して参加してみたのだが・・・。

 結果からするとダメだった。

 私の記憶では、このゲームのダンジョンなんざ、序盤はなんちゃってヒーラーがいれば、割とぐだぐだでもこなせるイージーな難易度だったはずなのに、なぜダメだったのか。

 その理由は、「上級者が混じっていたから」だった。

 どうも今のESOには、「デイリーコンテンツとしてダンジョンをこなす」という要素があるらしく、様々なレベル帯の人がグループファインダーを利用して、同じダンジョンに参加しているようなのだ。もちろんそれだと、レベル帯がバラバラの人たちが同じグループにマッチングされてしまうわけだけども、ダンジョン内では各プレイヤーキャラクターの能力が、最高レベル(?)級になるように調整される仕組みになっているらしい。

 が、その調整の結果、虚弱な私は敵に触られるだけで蒸発するという憂き目に合い(本当に1撃で死ぬ)、全くゲームにならなかったのでした。レベル17としては標準的な能力(のはず)の私だけど、そのままCP160に調整されると、ミジンコ以下の存在だったようだ。トホホ。

 結局3度の死去を経て、私はそっとダンジョンを後にした。背中に響く「**** fly」の声が痛いよママン。

 うーん、私は適正なタイミングで、適正なダンジョンに挑んだだけだったのに、なぜこのような目にあってしまうのか。調整するなら、レベル15にとかの適正レベルに調整してほしいよなぁ。

 もっと成長するまでは、ゾーンチャットで仲間を募集するなりして行くことにしよう・・・。

ESOJP: ダンジョンの闇」への2件のフィードバック

    1. Nez/蝿 投稿作成者

      いくぜいくぜ。
      とはいえ、既に適正レベルを過ぎてしまった感はある。無念。

      すごく前にも思ったけど、インスタンスはそのゾーンの序盤に置いてくれないと、
      そのゾーン内での募集に乗れる時間が短くなるんだよなぁ。
      オーリドンのインスタンスはオーリドンを離れる寸前に発見するから、
      すぐに次のゾーンに行ってしまって募集したりされたりできないとわかった。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。