ESOJP: 自作装備に身を包む

 Update 11というパッチが当たり、ゲーム内容に数多くの新要素が加わった。

 さて、実は、これまで装備品を考えるにあたっては、「ひょっとしたらこのタイミングで、クラフト品の上限も上がったりするかもしれない」と様子を見ていた。妥協装備で我慢していたのはそういうわけなのだ。

 でも、ついにリリースされた今回のパッチノートを見る限り、このタイミングでのクラフト品の上限アップはなさそうだと判明した。ギルドチャットの話によれば、クラフト品の上限変更は年末ごろの予定らしい。

 それじゃぁ、ちょっくら資産を投入して自分の装備を作ってみましょうか!

 ってなわけで、チクチクと縫い物に励み、トンカンと鍛冶仕事をして、自作の装備で一式揃えてみた。CP150装備までは必要素材数が10~13個程度だったのに、CP160装備になると突然必要素材数が100~130個にもなるという、謎の廃人向け仕様で素材集めに苦しんだけど、なんとか作ることができた。

 その結果が、写真のような姿だ。数値的にはまだまだなんだろうけど、それでも今までよりは、呪文ダメージ、クリティカルがあがっている。いいぞいいぞ。

 今回装備を選定するにあたって、まず悩んだのが見た目だった。このゲーム、生産時に装備を試着できないんだよなぁー。試着システムを搭載したら、みんな喜ぶだろうに。仕方がないので生産時に出るアイコンを頼りにスタイルを決定したんだけど、まぁまぁ合格点かな。強いて言えば、ズボンがいまひとつだった。よく見ると生地に変な模様がついていて、パジャマみたいになっている。スマートじゃない。

 次に悩んだのが、セット効果とその分配だ。具体的には、5個体セット+2個体セット+2個武器セットというセット構成にするか、3個体&2個武器セット+4個体セットという構成にするかだ。

 前者にしておくと、ダンジョン系の報酬が頭と肩のセットになるらしいので、それに対応しやすい。最終的にはそうなるのかな、と思っている。

 でも結局今回は後者にした。ダンジョン報酬のセットがそろうようなことは、相当先の話になることだと思ったからだ。そもそも今現在、全然熱心にダンジョンをしてないことだしね。ダンジョン報酬を視野に入れるのは、時期尚早だろう。もし万が一、使いたいダンジョンセットがそろったら、そのときにまた考えることにしよう。

 また今回の装備変更のタイミングで、今までアホなチョイスをしていたアクセサリーも変更しておいた。実はこれが一番強化になったんじゃないかと密かに思っているんだけど、今まで首、指、指に、それぞれスタミナアップの効果がついていたんだよね。これをヘルスアップにしておいた(セット効果はマジカアップ)。これで使いもしないスタミナの代わりに、ヘルスが2800ほど増えた。生存能力がかなり上がったはずだ。

 ってなわけで、装備も一新してモチベーションもあがったESO。アップデート後の新しい世界でバリバリ遊ぶぜええ、と思ったんだけど・・・今夜もメンテですか、そうですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。