ESOJP: まだまだ触ってないけどワンタム

 新パッチ「ワンタムリエル」。

 はい、まだ全然触ってません。プレイ時間2時間くらい。

 が、一応週末も経たことだし、ここまでの感想などを述べて、「月曜になると急に更新される」でおなじみの当サイトのお約束をこなしておこうと思う。だらだらとね。

 まず感想その1。ワールドボスが強い。

 いままでワールドボスで、ほとんど苦労してこなかったんだよね。特にCP160になってからは、特にスキル回しも考えずに、ソロでテキトーに鼻歌交じりにぶん殴っていれば倒せるという、簡単コンテンツだった。ワールドバスの立場上それで良いのか、という気もしたけど、まぁそうだったのだから仕方がない。

 しかしワンタム後に、そんなテンションでワールドボスに殴りかかったら、危うく殺されそうになったよ。

 攻撃は痛いし、なによりも硬い。従来なら10秒とかからずに倒していた(盛りすぎかも)はずなのに、今回は写真のとおり2分以上の激戦となってしまった。勝てないわけじゃなかったけど、あまりの強さの違いに驚いてしまった。危ない危ない。

 感想その2。一般兵は変わらない。

 Twitterなどによると、「ソロがつらくなった」という感想もあるようだけど、上記のワールドボスを除けば、私に関しては前回のエントリーでも言ったように、難易度の向上は感じなかったなぁ。たぶん、CP160越えの適正装備勢だから、CP補正による難易度の変化を感じない立場なのだろう。

 感想その3。新クラグローンにいったぞ。

 死にコンテンツだったクラグローンが、グループ縛り度を緩和されてリメークされた。

 ってことで訪問してみると、あの誰もいなかったクラグローンに冒険者が満ち溢れていた。旧クラグローンの導入直後(のグループコンテンツ祭)を髣髴とさせる展開だ。これは熱い。

 クエストラインも難易度を緩和されて1から導入されていた。旧クラグローンと同じセレスティアルのラインだけではなく、サブクエストもいろいろ追加されたようで、コンテンツの物量としても豊富になっているようだった。

 キャドウェルのゴールドを終わらせてしまった私にも、タイムリーに新しいシナリオが多数提供されたようなかたちになって、渡りに船というようなアップデートだ。じわじわと遊んでいこう。

 感想その4。ESO Plus。

 勝手に更新されていたでござる・・・。大量のクラウンがあったでござる・・・。

 (いや、自分の設定のせいだけども)

 感想その5。勢力ウマ。

 期待していた課金アイテムの勢力ウマ。カタフラクトだぜー、かっこいいぜー、と思って購入候補だったんだけども、「設定色が3色あるけど自分の所属勢力のイメージカラーしか選べない」という仕様だった。

 黄色いウマはちょっと・・・。私はそっと購入画面を閉じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。