GRW: 7つめ!

 プロパガンダ部隊殲滅戦が終わったので、また基本に立ち返って、難易度順のエリア攻略に戻ったよ。

 今回の舞台は、タバカル地区。難易度は3だ。

 ここはコカインの「生産」部隊のエリアになる。生産部隊のエリアは「3つめ!」のオコロ地区以来かな。オコロ地区はコカイン生産工程のうちの「精製」に関係する施設が多かったように記憶しているけど、タバカル地区はどちらかというと「原料(=コカ)の入手」に相当するエリアという設定のようだった。

 なので作戦区域も、「コカ畑」というような地形が多くて、今までにない雰囲気の中での戦闘を楽しめたよ。

 コカ畑の風景は、日本人が想像しやすいものでたとえると、茶畑のそれに近いと感じた。茶畑のお茶の木のように、低木のコカの木が整然と並んでいる。いい風景だ。

 そして我々はその列をなす低木の間を、かがんで隠れて進んでいく。ほとんど視界が通らないので、隠密作戦がはかどる。コカ畑にまぎれながら、コカ畑を巡回する多数の衛兵を、静かにひとり、またひとりと暗殺していくプレイは、ゾクゾクするものがあった。

 写真は、コカ生産農家にコカの上納を強いるブション(ボス)を、現地の反乱軍とともに退治しにいく最終ミッションの出発の儀の図。この後の決戦では、反乱軍が強すぎて、我々は特に何もせずに、親玉の排除に成功したのでしたとさ。

 なお、親玉を拘束したときに、わざわざこのブログ用に写真を撮らせてもらったんだけど、1)暗い、2)同じ構図の写真が多い、ということで、今回はこちらを採用しました(これも暗いけど)。あしからずご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。