旅飯ハワイ18: HI Steaks

 ハワイのB級グルメといえば、プレートランチといってよいかと思う。

 ステーキ、シュリンプ、ロコモコといったメニューを、紙皿や箱型容器に盛り、テイクアウトあるいはその場での飲食に供する、軽食のスタイル。いわば「弁当」だ。ランチといっても、もちろん夜食べても構わない。

 時差ぼけや、チェックイン待ちで疲れ、昼食を十分にとってしまった我々は、この日はもう大々的なディナーを取る元気も食欲もなかった。

 そこで、コンドミニアムから歩いて行ける場所にあるスーパー「フードパントリー(Food Pantry)」で、今後の滞在で消費するものを買い出しに行くついでに、プレートランチを購入して部屋で食べ、夕食とすることにした。

 プレートランチの購入先は、フードパントリー内の「HI Steaks」だ。事前の調査で、なかなか評判が良い人気店だったので選択した。

 HI Steaksはカウンターで注文し、その場で受け取る形式の店だ。先客の見様見真似でこなした注文は、以下のような要領だった。

  • 店員Aに注文を告げる。「ステーキ&バーベキューチキンプレート」
  • ライスの種類を聞かれる。ホワイト(白米)orブラウン(玄米)。「ホワイト」
  • 店員A、サラダがあらかじめ盛られてある弁当箱に、白米を盛る
  • ドレッシングの種類を聞かれる。「ブルーチーズ」
  • 店員A、サラダにドレッシングをかける
  • 私の名前を聞かれる。苗字を伝える
  • 店員A、弁当箱に私の苗字を書き、弁当箱を次の店員Bに渡す
  • 私は店員Bの前にスライド移動する
  • 店員B、弁当箱のライスの上に、ステーキとチキンを盛る
  • ソースの種類を聞かれる。テリヤキソースにする。「てーりやーきー」
  • 店員B、ステーキにテリヤキソースをかけ、弁当箱を会計役の店員Cに渡す
  • 会計順がくると弁当箱に書かれた私の名前が呼ばれる
  • レジの前の店員Cに支払いをして、終了

 プロセスは長めだったけど、まぁ、そんなに難しいことはなかった。

 驚いたのは名前を聞かれたことくらいかな。私の訪問時は比較的空いていて、ほとんど注文と支払いとの間にタイムラグがなかったから、別に名前を聞かなくても処理できるだろうに、と思った。でも、混雑していると、処理が遅延して、名前を聞くというプロセスが大事になるのかもしれないな。

 で、これとロコモコとを買って、部屋で食べた。

 うーん、まぁまぁ、かなぁ。

 事前調査で割と称賛されていたHI Steaksのステーキプレートなんだけど、個人的には正直「そんなでもないな」と思った。たぶん、というか、確実に日本の「ほっともっと」のほうが安くてうまい。決して不味くはないんだけどね。ソースをテリヤキにしたのが、異国感がなくて失敗だったのかもしれない。

 むしろロコモコのほうが私にとってはおいしかったな。ハンバーグがアメリカ特有の肉肉しい赤身のうまみを感じられるもので、こういうのは日本じゃ食べられないな、いいな、と思った。

 そして量だ。

 肉はともかく、ライスが多い。プレートランチ2つ(とスーパーで買った果物やらなにやら)を、両親と3人でシェアしたんだけど、それでも食いきれずに、一部は私の翌朝のメニューになってしまった。

 まぁ、残り物を翌朝に回すとか、レンジで温めなおすとか、そういうことができるのが、コンドミニアム滞在の醍醐味でもあるから、むしろ面白かったともいえるかな。

ロコモコプレート

ステーキ&バーベキューチキンプレート

翌朝の朝食。チーズケーキ添え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。