日記: 4月3日(2018年)

 続・FarCry 5。

 ライブイベントというものが始まった。

 毎週火曜(日本時間だとほぼ水曜未明)に、なんらかのウィークリークエストのようなものが発表されて、それを期間内にこなすと、こなした人には個人報酬が与えられ、また、こなした人の数が一定数に達すると、コミュニティ報酬が全員に追加で与えられる、というようなものらしい。

 その第1弾が開始したんだけども・・・なんだこの微妙なのは。

 クエスト内容は、「火炎瓶と火炎放射器を使わずに動物を10匹焼き殺せ」というものだ。

 ひたすら面倒くさそうなうえに、面白くないぞ。報酬も火炎放射器スキンと、プレイ中にほとんど関係ないアパレル。一応今回は頑張って達成を目指す所存だけど、この分だと第2弾以降も期待できないなぁ。

 FarCry 5はGRWと同じ問題を抱えているのは明らかで、それは「やりこみ要素がない」という点に尽きる。もともとそういうコンテンツ消費型のゲームシリーズではあるんだけど、今作ではそれをできるだけ延命して、ライフスタイル型のゲームに寄せたいのだろう。アーケードもそうだし、このライブイベントも、そのための方策の1つとみて間違いない。

 でも、ライフスタイル型に寄せたいのなら、やっぱりもう少し、数値的な伸びしろや成長要素を、用意すべきだと思うんだよなぁ。

 例えば武器ごとに熟練度のようなものを用意する。単純に武器を強化できる、でもいい。その熟練度アップ、あるいは武器強化のためのアイテムを、ライブイベント報酬にする。延命のために1回ごとの成長は、ごくごくわずかずつでいい。たとえ成長度合いがわずかであっても、それが成長要素でさえあれば、こういうFPS/RPGをやる層だったら、確実に食いつくはずだ。ちょっとでも自キャラを強化したいのが、RPG畑の人情だからだ。

 そのうえでアーケードで「ある程度成長していないとこなせないマップ」を用意する。そしてそのクリアもさらなる成長の糧にする。そうしてエンドレスにキャラとマップとを限界までインフレさせていけば、1年2年は持つに違いない。

 ・・・が、そういう方向には、どうやらならないようだ。

 ってことでライブイベント。あれこれ言ったものの、私は最初からFarCry 5は、コンテンツ消費型のゲームだと割り切っているから、さっくり終わらせればいいつもりでいた。

 だからライブイベントが延命要素として成り立たなくても、そんなにがっかりはしない。まぁ、そんなもんでしたとさ、という話だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。