BT: Mission 08 “Served Cold”

 【背景】

 惑星Smithonを解放し、Karosas家の当主Simon卿と会談したが、そこで告げられたのはデータアーカイブの解読内容ではなく、Kameaの3年間の失踪に対する非難と、それゆえにもたらされたSimon卿の息子や娘の不幸に対する恨み言だった。

 Simon卿はArgo号のデータアーカイブの解読に自分の助力を得たければ、まず惑星Smithonの月Anveltに停泊している密輸商人のドロップシップNewgrangeを破壊することを交換条件に提示してきた。交換条件にしてくるからには、本当にただの輸送船だとは思えないが、やるしかないだろう。

 Newgrangeは分厚い装甲をを持つドロップシップだが給油所で燃料を補給しているところが狙い目だ。燃料タンクを破壊し、爆発を引き起こせば、撃沈できるはずだ。

 【自軍戦力】

  • DRG-1N Dragon(Fly搭乗)
  • CN9-A Centurion(Glitch搭乗)
  • GRF-1N Griffin(Unity搭乗)
  • SHD-2H Shadow Hawk(Salvage搭乗)

 【敵対戦力】

 1st wave

  • SHD-2H Shadow Hawk
  • WVR-6R Wolverine
  • PNT-9R Panther
  • COM-2D Commando

 2nd wave

  • CPLT-K2 Catapult(Victoria Espinosa搭乗)
  • DRG-1N Dragon
  • CN9-A Centurion
  • FS9-H Firestarter

 【ミッション概要】

 まず注意点として、シナリオ中でも注意されるが、高温のフィールドが舞台になる。排熱効率が低いので、投入するメックは排熱性能に配慮をしたビルドにしておくのが無難だ。

 目的は12ターン以内のドロップシップの撃破にある。ドロップシップはシナリオ中に言及されるように、脇にある燃料施設を破壊することで連動して破壊できる。施設自体は中量級メックの一斉砲撃2~3回で破壊できる程度のものなので、攻撃態勢に入りさえすれば、破壊にさほど時間はかからない。

 初期段階では、敵勢力は軽量~中量級のメック1個小隊と、砲台が3台配置されている。

 砲台は例によってジェネレーターの破壊でも黙らせることができる。右側のジェネレーターは砲台2基と連動しているので、少なくともこちらはジェネレーターを狙うのが有効だ。メック小隊も軽量級主体なので大して強くはない。普通に戦えば、制限ターン以内に初期配置の敵も、ドロップシップも破壊できるだろう。

 ターンの経過か、ドロップシップの破壊で、第2波がくる。こちらは中量~重量級のメック1個小隊で、本命の敵だ。順調に戦えば、本命の出現までには既存敵兵力をほぼ無力化できていると思うので、4対4の戦いに持ち込めるはずだ。

 特筆すべき点は2つ。

 1つは敵のFirestarter。排熱効率の低い今回のフィールドでは、特に火炎放射器の攻撃が効く。攻撃を受けると高確率でメックがシャットダウンしてしまうので、優先的に倒したい。

 もう1つは敵のCatapult。なんと仇敵の1人、Victoriaがのこのこやってきている。燃える展開だ。しかし燃えているのは乗機のCatapultも同様で、この熱いフィールドにPPC2門などという兵装で来ているため、頻繁に熱暴走で自滅してくれる。PPC自体は脅威なものの、トータル的にはDPSを出せない相手なので、多少後回しでもいい。こいつはアホの子だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。