BT: Mission 14 “Defense: Panzyr”

 【背景】

 惑星Itromを解放し、領主のLady Samantha Gallasを救出した。Lady GallasはKameaに忠誠を誓い、Directorateとタウラス連合との同盟関係を崩壊させるための情報を語った。

 それによるとArgo号の客分Lord Madeiraの故郷、惑星GuldraにあるMadeira家のアーカイブを調査すれば、3年にわたって収集されたEspinosa家による埋蔵品に関する罪の証拠が見つかるらしい。それをタウラス連合のProtector Calderonに渡せば、問題は解決するという。またMadeira家のアーカイブはDNAロックされているため、Lord Madeira自身が惑星Guldraまで調査に行く必要があるとも。

 と、その時だった。Lady Gallasとの通信が唐突に途絶えた。それと同時にアラートが鳴り響き、惑星ItromのLady Gallasの居城近辺に大きな爆発反応が検知された。撤退したDirectorateが、去り際に仕掛けた爆弾が爆発したようだ・・・。

 Kameaは惑星Itromの支援に手を尽くす。しかしその一方で故郷の惑星Guldraを、惑星Itromの二の舞にしないために、Lord Madeiraはひとり惑星Guldraへと旅立っていったのだった。

 Lord Madeiraの去った軍団も休んではいられない。以前にDirectorateから解放した惑星Panzyrが、今度はタウラス連合の侵攻を受けているとの報が入った。防衛作戦に出動だ。相手はタウラス連合の軍勢のようだ。

 【自軍戦力】

  • HGN-732B Highlander(Fly搭乗)
  • DRG-1N Dragon(Ronin搭乗)
  • SHD-2H Shadow Hawk(Glitch搭乗)
  • TBT-5N Trebuchet(Behemoth搭乗)

 【敵対戦力】

 1st Wave

  • GRF-1S Griffin
  • TBT-5N Trebuchet
  • JR7-D Jenner
  • COM-2D Commando
  • COM-1B Commando
  • APC*4

 Barrack Wave

  • APC

 2nd Wave

  • SRM Carrior
  • APC

 3rd Wave

  • PPC Carrior
  • APC

 【ミッション概要】

 迫りくる車両(APC)を食い止めるミッション。侵攻部隊のメックは強くないが、APCの移動距離が思いのほか長いので、気を抜くとするりと侵入されてしまう。基本的にはAPC優先でいい。

 ボーナス目標の兵舎を守るのが非常に分かりにくい。このゲームのマップ上をカメラが瞬間移動する演出の仕様のせいで、敵のボーナス目標のAPCのドロップ地点がよくわからないからだ。正解は兵舎のさらに左側の道の上から迫ってくる。・・・のだが、この位置は4ラウンド目までに倒すのは相当難しい。無視したほうが楽かもしれない。ちなみに兵舎に迫るAPCはミッションの主目的にはカウントされない。

 ボーナス目標以外は特に難しいことはないミッション。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。