日記: 7月6日(2018年)

 新しいバイクヘルメット用に、ヘルメットスピーカーを購入した。

 購入したのは、AmazonではArtileeなる業者が販売している、謎の中華ヘッドセットだ。来歴はまったくわからないものだったけど、Amazonでの評判はそこそこよく、ベストセラーでもあったので、よく考えもせずに購入した。リチウムイオンバッテリーが、ヘルメット内で爆発しないことを祈るばかりだ。

 いままでのヘルメットには、有線のヘルメットスピーカーをつけていた。ヘルメットの後端から端子を出せるようにしてあって、バイクジャケットの胸部のポケットに入れた音楽プレイヤーやBluetoothのレシーバーに優先でつないで使用する、というスタイルのものだ。

 一方、今回購入したのは、スピーカー自体にBluetoothレシーバーが内蔵されたものになる。ヘルメットスピーカーの世界の技術も、この数年で着実に進んでいて、今まで装着していたものとほとんど変わらない大きさで、無線通信機能とマイクとが追加されている。

 これを新しいヘルメットのGT-Airに装着した。

 するとその装着時にも、また時代の進歩を感じた。ヘルメットの内装の耳の部分に、「ここにヘルメットスピーカーを内蔵してください」と言わんばかりのくぼみが用意されていたのだ。つくづく便利な世の中になったものだ。

 そんな風にしてヘルメットスピーカーを装着したGT-Airを、試しにかぶってみた。

 おお、耳が当たらない。

 以前の「Z-5にヘルメットスピーカー」という構成の時は、少しだけ耳がスピーカーに触れていて、長時間のツーリングになると耳が痛くなったりもしていた。でも、このGT-Airの感じだと、そういうことも起こらなそうだ。

 よし、明日はこれを試験運用しに、プチツーに出てみるとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。