R6S: 1週間経った

 R6Sのプレイを始めて1週間が経過した。

 この1週間はけっこう、というか、かなりR6Sを遊び倒して、おそらく1日たりとも遊ばない日はないという、皆勤賞レベルのプレイ頻度で楽しんだ。

 レベルも20に到達し、お、ついに成人か? と思ったけど友人曰く、「レベル100くらいまではチュートリアル」らしい。先は長い。

 そんな私のレベル20到達時点での通算成績が、この画像だ。

 おおぅ・・・これはひどい。

 圧倒的モブキャラ。戦場映画の序盤にスナイパーにコメカミ射抜かれて死ぬ役。警察映画の序盤にテロ組織の侵入者にサイレントキルされる警備員役。

 キル/デス率44%ってことは、44回倒す間に100回倒されているということだ(当たり前だが)。1試合で死ぬ回数を平均4回とすると、平均1.76回倒せる計算になる。つまり、2キル4デスとか、1キル3デスとか、そういう感じの雑魚スコアを、この1週間、13時間にもわたって、たたき出し続けてきたということだ。哀愁すら漂うな。

 でも、まぁ、それで楽しくないかというと、今のところかなり楽しい。軽度のミリオタ属性持ちなので、なんやかんやで、カッチョイイ武器を使って戦っている、というのが気分がいい。また重度のRPG属性持ちでもあるので、使用キャラが画一的じゃなくて、必殺技のようなものを各自持っている、という役割分担設定もアガる。

 ただ1週間遊んでみて、やっぱりジャンル的には、私にはそんなに向いてないんだろうな、とも思ってしまった。そう感じる理由は、練習したくない、ということだ。

 熟練の友人らは私のプレイを見て、良かれと思って、いろいろとアドバイスをくれる。やれ「カスタムゲームで探検するとマップを覚えられるよ」とか、やれ「テロハントでエイムの練習だ」とか。すごくありがたい。感謝している。

 でも、きっと私はそういうことをあまりしないのだ。すまねえええええ。

 遊んでいるうちに上手くなる、というのは楽しい。そういう成長は是非したい。

 だけど、上手くなるためだけの練習は、なかなかできないんだよなぁ。自己の成長を目的にするようなアスリート気質が、自分の中にはほとんどない。ほとんどないは言い過ぎだとしたら、少なくともこのゲームには、それを求めていない。だから、自分の余暇の時間をそこに割く気がしない。

 しかし、その一方でこのゲームは私に練習を求めてくる。その辺のミスマッチを、徐々に感じはじめているのだ。

 ってことで、R6S。いまのところはすごく楽しい。あとはこの練習嫌いな姿勢で、いつまでやっていけるかだな。そこだけが不安だ。願わくばうまくごまかし続けたい。ふひひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。