日記: 10月12日(2018年)

 先日、人生で初めての人間ドックなるものに行ってきた。職場の規定で行かなければならなかったからだ。

 ただそういう職場からの強制イベントなので、基本コース部分だけなら、費用は全負担してもらえる。追加でオプションをつけると、そこは自己負担になる(たぶん)。当然私は嫌々行ってきた立場なので、基本コースだけで受診してきた。

 ドックをおこなったのは、大きな大学病院。病棟ビル内にはレストランあり、オープンカフェあり、コンビニありと、とてもきれいでデパートのようだった。これなら患者も心地よかろう、という思いと、儲けてやがるな、という思いがないまぜになる。

 そのビルのはずれのほうにある、人間ドックのための一角で受診をしてきた。外来受付は大混雑だったけど、ここはそういう外界から隔絶されていて、完全予約制なこともあってガラガラ。落ち着いた雰囲気の中で受診することができた。

 しかし検査内容は、オプションをつけなかったこともあって、通常の健康診断(職場に車両が来て年次で受けるやつ)と大差なかった。正直かなり拍子抜けだ。身体計測、レントゲン、心電図、視力聴力、聴診・・・いつものヤツやんけ。

 健康診断になくて人間ドック(オプションなし)にあったのは、超音波ぐりぐり、肺活量みたいなやつ、眼底眼圧、くらいだっただろうか。超音波ぐりぐりの女医さんが、スーパードSな雰囲気のクールビューティーでゾクゾクしたことだけをよく覚えている。

 で、全部検査が終わったら、健康食のお昼ごはん。健康食って不味いんだろう? と思っていたけど、思ったよりは美味しかった。

 食後は最後のイベントとなる、お説教の時間だ。食事をしている間に、ざっくりとした診断結果が用意されていて、それをもとにした健康指導が行われた。というか、この診断結果を出すための時間稼ぎに、食事タイムが設けられているようだ。

 そこで、怒られた。

 コレステロール値が高い。日頃なに食ってんだボケェ。とのことだ。

 どうも私の好物であるところの、玉子、魚卵、肉の脂身、揚げ物、がダメらしい。知ってた。それを控えろ。食うな。と言われた。代わりに魚を食え。納豆を食え。とのことだ。いや、魚も納豆も嫌いではないけど、全然代わりにはならないんだけどな・・・。

 ともあれ、ちょっと食生活を見直す必要がありそうだ。

 ってなわけで、人間ドック受診は終わった。午前9時30分スタートで、午後2時前に終了。なんてことはなかったな。ちょっと物足りないくらいだ。まだ何年後かに受診するときには、オプションをつけてみてもいいのかもしれない。

日記: 10月12日(2018年)」への4件のフィードバック

  1. Venyo

    ”人間ドック”って語感から全身の精密検査してくれそうだけど実際はバスで来る検診と変わらんよね。
    (会社が払う)料金が全然違うけど、手の込んだ食事代と案内してくれる綺麗なおねいさんの給料分じゃないかと思うよね。

    返信
    1. Nez/蝿 投稿作成者

      かわらんすぎた。
      まぁこちらとしても受診日は出勤扱いになって事実上の無料半休って感じでおいしかったからヨシとする!

      返信
  2. Soul

    コレステロールは食事でほとんど変動しないって発表されてた気がする
    厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」からもコレステロールは削除されたらしい
    (都合の良い話を信じる派)

    返信
    1. Nez/蝿 投稿作成者

      やばいといわれる>食生活を気にする>下がる、を以前にも経験しているので、下げようと思って食事をすれば下がりはするね。
      人によっては体質の場合もあると思うけど、私の場合は間違いなく食生活が第一要因だという自覚がある。コレステロールの多いものほど好きだからなぁ。まぁ、しばらくの間はちょっと気にしていくハラ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。