FO76: ブラスト!

 ブラストゾーンを初体験してきた。

 ブラストゾーンとは、このゲームのエンドコンテンツとして、発売前から予告されていたもので、誰かがそのワールドで核ミサイルを発射することで、着弾地点の周囲に強力なモンスターが湧くようになる、というもの。

 今回はこの核ミサイルが、おなじみのファームスポットである、ホワイトスプリング・ゴルフクラブのそばに着弾したので、私もそこへ乗り込んでみた、というわけだ。

 なおブラストゾーンは、全域が高い線量のRADに侵されている。なので乗り込むには、パワーアーマーか防護服の着用が必須だ。一度、「生身でRAD-Xを飲めば耐えられないかな?」と思って試してみたけど、全然無理だった。今回私は、防護服を着こんで乗り込んできた。生身勢だからね。

 たどり着くと、空は粉塵で覆われ赤茶色に曇り、地面は文字通りグールの死屍累々。押し寄せるは、緑色に光り輝く異形のグールたち。地獄のような光景がそこにはあった。

 しかし、そこで展開されていたのは、延々とわき続ける光るグールと、それを淡々と狩り続けるプレイヤーたち、といういかにもゲーム的な構図。かなりの頻度で、その中には★付きのグールも混じっているので、それ目当てのファーミングが、機械的に繰り返されていた。

 光景の非日常さと、プレイヤー行動の現金さのギャップが、なんともシュール。こんなになってもプレイヤーたちには、アイテムファーミング効率しか見えてない。

 かくいう私も、もちろんその現金なプレイヤーの1人だ。異様な光景を味わう気分もそこそこに、「このビッグウェーブ、乗り遅れるわけにはいかねえ!」とばかりにひたすらグールを撃つモードに入った。

 撃ちに撃った。できるだけ多くのグールのルート権を得られるように、四方八方に撃ちまくった。グールよりも狂った勢いで乱獲に次ぐ乱獲をしまくった。当然だ。

 そんな狂乱の宴は1時間ほど続いた。

 やがてグールの湧きもなくなり、自然とプレイヤーたちが散り散りに解散していったところで、ふと我に返った。あ、終わったのか、帰ろう、と。

 そして私も安全なホワイトスプリングリゾートに撤収し、ずっしりと重くなった荷物袋の整理に取り掛かった。

 さて、気になる結果は・・・。

 使えるアイテムはこれと言って出ませんでしたー!

 残念賞。

 ただレベルが4も上がっていたし、拾いまくった普通の武器やアーマーを解体することで、いくつかのModを閃きもしたから、収穫なしでもなかったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。