TD2: プライベートベータ

 Division 2開始!

 ってことでね。本リリースを約1か月前に控えたこのタイミングで、製品予約者は全員参加可能なDivision 2のプライベートベータテストが行われたので、参加してきたよ。

 DL容量は50GB弱。スキル制限やレベル制限もある、ベータ専用バージョン。この辺は前作のテストと同じかな。「クライアントは製品版でも使用できます」じゃないやつ。

 起動後のローディング画面のSEやBGMが、前作と同じ(ようなサウンド)。この時点で「帰ってきたぞ」って感じで、Divisionファンの私としては喜びの感情が体を駆け巡った。

 そしていざゲーム開始。

 ふーむ、なるほど。感想は以下のような感じかな。

 【Division 1.5】

 良くも悪くも、前作の正当進化版という感じだった。プレイフィールがほとんど一緒で、「Division 1にPvEシナリオ満載のDLCが導入され、少しグラフィックが綺麗になった」と言われてもすんなり納得ができそう。

 前作が好きなら好き、そうでないならスルー推奨。そういうゲームだと開始5秒でわかる。

 【ややもっさり】

 前作よりも動きがもっさり。入力の即応性も下がった気がする。ダッシュが遅いところが一番感じるところだけど、ほかにもカバーの出入りが意図せず起こったり、ところどころ戸惑うところも多い。

 【ラグ】

 スペック不足に起因するとおぼしきラグがたまに発生した。描画がカクっと引っかかって、その後動き出す感じの不快な動き。友人は起こらないそうなので、私の環境がしょぼいせいだろう。

 設定を落としたり、ほかのアプリケーションを落としたりしたら症状は軽減した。グラフィックカードのドライバの更新も奏功しそうなので、今度しておこう。

 【グラフィック】

 ほかのゲームと比べるとどうなんだろう。世間的には同時期の作品と比べて「平凡」くらいの感想らしい。個人的には十分綺麗だと思うけど、私が綺麗だと思う境界線は割と低いからな。1よりは当然だいぶ綺麗。

 とりあえず、武器の表現はだいぶリアルになった。GRWをプレイした後にDivisionをプレイすると、武器がプラスチックのおもちゃに見えたものだけど、今作はそんなことはなさそうだ。

 【自キャラ】

 詳細なキャラメイクができなかったので、ランダムで作成されたモデルで遊んだ。前作は数パターンからの選択式だったけど、今作は本番では詳細なキャラメイクができるのだろうか? UBIのゲームはキャラメイクに寄せる情熱が少ない傾向があるから心配だ。

 自キャラへの思い入れを最重視する派、の私としては大変気になる要素だし、それをベータテストで試せなかったのは残念だ。

 【雰囲気】

 最高。Divisionの雰囲気は本当に最高だ。オープンワールドを歩いているだけでアガル。

 ただ前作と比べるとどうかというと、前作の舞台設計のほうがほんの少しだけ、より私の好みに合っていたかなぁ。

 「混乱直後のニューヨーク」という設定だった前作は、完全なシティアドベンチャーだった。一方で今作は「混乱期から荒廃期に入ったワシントンDC」という設定で、同じアメリカの大都市を舞台にしていても、イメージとしては遺跡アドベンチャーに近い感じを受けた。

 この微妙な違いが、季節以上に雰囲気の違いになっている。

 【安定性】

 サーバー/クライアントは不安定だった。トータル2時間ほどのプレイで、私が1回、友人が2回程度サーバーダウンないしはクラッシュをしたようだ。この辺はベータテストなので仕方ないかな。製品版の安定性向上に期待。

 【スキル】

 使ったもの、使っているのを見たもの、で言うと。

  • 回復ドローン。初見。安定して強い。腐らない。安心感ある
  • 追尾マイン。ターゲットしないと追わない
  • 狙撃タレット。ターゲットしないと撃たない

 って感じ。前作から引き続き登板したスキルの追尾マインやタレットは、間接射撃ができるから強かったわけで、使用者が直線的にターゲットしないと使えないのでは、銃で直接射撃すればいいんじゃないかなぁ、と思ってしまう。

 スキルの「トンデモ技術」感は、Divisionシリーズの魅力の1つだと思うから、お手軽に強い仕様にしてほしいものだ。

 【ライフル】

 今回追加された武器種。前作におけるMDRのような、アサルトライフル枠内の単発/3点バースト系の武器が「ライフル」に該当するようだ。アサルトライフルよりは高威力/低レート、マークスマンライフルよりは低威力/高レート、という立ち位置だと思われる。

 新武器種を試させるためにわざとそうしているのか、それとも私における偶然なのかはわからないけど、2時間ばかりのプレイの中で、ドロップアイテムが妙にライフルに偏った。ってことで、今回のプレイでは主力としてライフルを使うことになった。

 ライフルの仕様を聞いた時には「弱いのでは、使いにくいのでは」と思っていた。単発特化のセントリーセットもないしね。でも、ゲーム序盤はマズルジャンプを抑えるアタッチメントも少なく、射撃でかなり照準がブレるから、少し遠距離になるとフルオートでは命中させにくい。フルオート武器でも指切りすることになる。なら、もともと単発のライフルでも悪くないのかもなぁ、と思うようになった。

 DPSが高いわけではないだろうから、堅いボス戦では有効かどうかわからないけどね。指は疲れそうだ。

 【Mod】

 ModがPerk扱いになっている。例えば「ダットサイト」のPerkを開放すると、対応するすべての武器に、無制限にダットサイトをつけることができるようになる。GRWの仕様に近い。

 【応援要請】

 ほかのプレイヤーからのマッチメイク要請がひっきりなしに飛んできて大変邪魔くさい。設定でオフにできるのかもしれないけど、今回のプレイにおいては常時垂れ流し状態だった。

 【入植地】

 サバイバル感ある。目玉焼きとかバーベキューうまそう。メニューがイモ、イモ、レタス。

 リックおじさんはいないの?

 【フォトモード】

 最近のゲームではもはや必須化しつつあるこの機能。悪くない。SNS映え勢が頑張れる。

 【まとめ】

 だらだらとしたファーストインプレッションはこんなもんで。

 早く製品版がでないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。