TD2: スタート!

 正式版のDivision 2が始まった。

 本来リリース日は15日のはずだったんだけど、日本時間14日の午後10時ごろから、日本ではゲームサーバーが開放されたので、15日を待たずして始めることができた。

 プリダウンロードをさせてくれたことも含め、だいぶユーザー寄りな、前倒しの初動にしてくれたと思う。好印象だ。

 とはいえ、私はスタンダードエディションを購入したので、お高いコースを選んだブルジョワ勢からは、3日ほど遅れてのスタートでもあった。いわば「第2波」だ。伝統の第2波。

 だから、予想以上にスムーズなスタートを切れたとはいえ、とうの昔にレベリングレースからは取り残されている。元々急ぐ気はなかったけど、そういうわけだから、まぁ、第2波エージェントとしては、ことさらにのんびりとプレイしていくことにしよう。

 ってことで、初日はがっつかずに、軽く2時間ばかりプレイするだけに留めておいた。

 いまのところ、スタートのシチュエーションが少し変わっただけで、基本的にはベータ版で遊んだ範囲をなぞっただけかな。ゲームに新鮮味を感じられるのは、もう少し先になりそうだ。ゲームプレイそのものに関する感想も、ベータ版の時とほとんど同じままと言える。

 そんな中で、唯一、ベータ版と大きく変わったと感じられたのは、やっぱり「キャラメイクができた」ということに尽きる。私にとって、RPGでこの要素はとても大事だ。

 ・・・が、ここで私は大失敗をしてしまった。

 すごくブサイクなキャラでスタートしてしまい、ホワイトハウスで合流した友人に、「え? そんな変な顔でプレイするの? 正気か?(意訳)」と、盛大にツッコまれてしまったのだ(※写真のキャラではないときの話です)。

 その時ブサイクなキャラで始めた理由は、当初、キャラメイクの仕様を勘違いしていたせいだった。
 
 正直なところ、キャラメイクをした私自身も、薄々は「われながら変な顔だよな・・・」と思っていたんだよね。だけど、そういうもんだと思い込んでしまっていた。実際は選択項目を1つ見落としていただけなんだけど、Division 1も微妙な顔しか選べないシステムだったから、今作のキャラメイクもこんなもんかなぁ、と自分の見落としを都合よく解釈してしまっていたのだ。

 でも、友人にその点をツッコまれ、そして友人のビジュアルを見もして、やっと「実はもう少しマシにできるシステムだったんじゃーん」とわかった次第だ。

 そうとわかれば、こんなブサイクとはおさらばだ。

 ってことで、もう一度キャラメイクからやり始め、写真のような一応人並み(・・・だよな?)のビジュアルを取り戻し、なんとか事なきを得たんだけど・・・いやぁ、あのブサイクキャラを一目見た瞬間の、友人の反応は笑ったな。

 確かにあれはひどい顔だったけど、あんなドストレートに外見を罵倒されたのは、生まれて初めての経験だったよ。なにかこう「人間ではないものを見た」というレベルの反応だった。失礼しちゃうぜ。

 ともあれ、これでやっと「自分で作ったキャラ」が出来上がった。プリセットキャラでしか遊べなかったベータ版に比べると、やはり自作のキャラは愛着が違う。こいつが、これからしばらく相棒になるのだ。

 よろしくな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。