MRD: Mordhauというゲーム

 新しいゲームに手を出した。

 Mordhau

 というゲームだ。

 Mordhauは中世ヨーロッパ風の世界の中で、剣や弓矢で戦うFPS。公式の言をそのまま引けば「プレイヤースキルを競い合うこととキャラクターカスタマイズとに重点を置いた」ゲームだそうだ。

 でもイメージ的には、よく言われているような、中世チャンバラFPSという表現のほうが、スッと入ってくるかもしれない。実際そういうゲームだ。

 私は普通のFPS・・・つまり延々とリスポーンしながら、スコアの削りあいをする、終わりの見えない殺し合いだけのFPSは、普段はあまりプレイしない。だけど、本作に関しては、伝え聞こえてきた情報に、「MMORPGのRvR」のような匂いをほのかに感じたので、気の迷いで手を出してみたというわけだ。

 そしてその直感は、割とそう外れてもいなかった。MMORPGのRvRに似た楽しみが豊富にあるゲームだったのだ。

 まず基本的に、このゲームは難しい。そして簡単だ。

 難しいのは、独特の戦闘ルールがあるからだ。マウスカーソルの微妙な動きで、武器で切り払う角度が変わったり、相手の切り付けてくるタイミングを読んでガードすることが大事だったり、戦線を見た前進と後退の見極めが重要だったりと、ただただ見敵必殺の精神でトリガーを引く戦闘とは一味違う、格ゲーのような戦闘センスが求められる。

 簡単なのは、銃器を使うFPSに比べると、エイム力がそんなに必要ではない点だ。もちろん突き詰めれば、そういう操作の上手い下手が成績に影響してくると思うけど、リリース直後の現段階では、あまりそういう部分が得意ではない私でも、十分に楽しめている。少なくとも、見えない相手に知らぬ間にヘッドショットされて死ぬようなゲームではない。

 こういった要素が複合した結果、ちゃんと目に見える敵を相手に、下手くそでもなんとなく戦闘に参加した気分になれる、という「MMORPGのRvR初期のわーわーバトル感」がある。楽しい。というか、なんだか懐かしい。

 また、自分で使うキャラクターをビルドできるという点に、「自分の分身で遊ぶ」というRPGの楽しみと、同じエッセンスを感じる。どんなゲームであっても、愛せるアバターの有無に大きな比重を置く私としては、この点も非常に気に入った。なんならキャラクタービルドをいじっている時が一番楽しいまである。

 ってなわけで、「自分の分身」で「中世ヨーロッパ世界」で「RvRっぽいことをするFPS」のMordhau。どれだけ持つかわからないけど、しばらくちまちま遊んでいこうと思うよ。

 余談ながら、Mordhauというのは、長剣の刀身の先端を両手で持って、鈍器のように柄や鍔を敵にたたきつけるという戦闘法らしい。そしてこのゲームでは、そういう操作もできる。マニアックだなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。