日記: 11月25日(2019年)

 沖縄旅行の話、その7【ステーキハウス88美ら海店】。

 理由はよくわからないけど、沖縄にはステーキ屋が多い。米軍基地にまつわる歴史背景の関連であることは想像に難くないけど、詳しいことはよく知らないし、まぁどうでもいい。

 そんな数あるステーキ屋のなかでも、沖縄旅行者にとってもっとも有名な系列店のひとつが、ステーキハウス88ではないだろうか。沖縄じゅうに数多くの店舗を構えるステーキハウス88の名前は、沖縄旅行を計画したことのある人なら1度は目にしたことがある名前に違いない。

 ってことで、1日目の夕食は、このステーキハウス88の「美ら海店」で食べてきた。

 いきなりステーキ自体の結論からいうと、まぁまぁかなぁ、っていう感じだった。

 関東圏で馴染みのある喩えをすれば、「雑なフォルクス」っていうほど印象。絶賛するほどではないけど、十分美味しくいただけた。

 (以下、そういうなじみのある店との比較がちょくちょく出るけど、わかりやすさのためなので目をつぶって欲しい)

 ステーキそのものは、メニューにピンキリがあったので、自分の食べたもの(USだかNZだかのリブロース)のみの感想になるけど、200グラム強で3000円という値段からすると、それ相応か、やや劣るかなっていうくらいの味わいだった。この肉に関していえば、同じくらいの価格帯のフォルクスやいきなりステーキの肉のほうが、私には好ましい。

 取り放題のサラダバーとスープバーがついてくるのは良かった。とはいえ、フォルクスでもサラダバーはつくからな。あまりこの店独自の得点にはならない。

 ちょっと興味深かったのはスープバーのスープ。マッシュルームのスープが、いままでに飲んだことのない種類のものだった。白濁したとろりとしたスープで、ホワイトシチューに近い風貌。でも味はホワイトシチューではない別の何か。沖縄の郷土スープだろうか。最初は違和感があったけど、飲むうちになかなか美味しく感じられるようになり、気に入った。

 そしてこの店で特に良かった点は、ずばり店の雰囲気だ。

 チープなネオン輝く外観といい、洗練されていないアメリカのダイナー風の内装といい、カントリーミュージック(?)主体のBGMといい、古き良きアメリカの風が吹いていた。ゲーマー的にはFalloutっぽい(いやだいぶ違うんだけど)気分を味わえた。

 ともあれ、そんなステーキハウス88で満腹になって初日の旅程はすべて終了だ。該当少な目でだいぶ暗い夜道を、慣れない車で恐る恐る宿まで帰り、寝た。

 続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。