GRB: 乗り物紹介「LC-4 Coercion」

 乗り物紹介、とかいってシリーズっぽくしたはいいけど、初回のヘリ以外に紹介するほどの乗り物がないことに気が付いた。

 が、無理矢理にでも、「自動車」と「バイク」のおすすめ品くらいは紹介しておこう。

 ってことで自動車編はこれ。LC-4 Coercionだ。

 Coercionとは「威圧」とか「強制」とかそういった概念の言葉らしい。ちょっとピンとこない。

 そんなCoercionは、見ての通りの砲塔付きの装甲SUVといったいでたちをした四輪車。砲塔付きの自動車は、ほかにもより軽快なバギー型やジープ型、より屈強なガチガチ装甲車とあるなかで、なぜこのCoercionをお勧めしたいかというと、理由は2点だ。

 1点目は、砲塔が炸裂するキャノン砲だということ。ガトリングガンのものよりもはるかに使い勝手がいい。

 もう1点は、これがCoercion最大の特徴なんだけど、砲塔の操作が「ガンナー席」ではなくて「助手席」だということだ。

 このおかげでソロプレイ時であっても、「C」キーで運転席から助手席に乗り換えるだけで、砲塔の操作ができる。おそらくだけど、ソロで一応ギリギリまともに砲塔を活かせる自動車は、このCoercionくらいだと思う。

 とはいっても自動車だし、運転しながら撃てるわけでもないし、結局ヘリより便利には到底ならない。だから、まぁ、これは、陸上で進行と砲撃を繰り返す遊びも、たまにやると面白いよ、っていうような、そんな自動車だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。