FO76: メリークリスマス

 久しぶりにアパラチアを歩いてきた。

 今はクリスマスイベントが実施中らしいので、それを見てみるのが第1目的。来年リリースされるらしいアップデートに備えて、操作感を繋いでおこう(完全に忘れる前に忘却度を下げておこう)というのが第2目的だ。

 まず操作感のほうは、思ったより操作を忘れてはいなかった。移動からV.A.T.S.による攻撃まで、割とよどみなくこなせた。しっくりこなかったのは、「TABがキャンセル」で「ESCは機能しないシーンが多い」という独特のUI構造くらい。

 で、クリスマスイベントだ。

 まずATOMショップのラインナップがクリスマスっぽくなっていた。私はもうすっかりハウジングとかに凝る意欲がないけど、意欲のあるうちにリリースされていたら、暖炉なんかはかなりいいアイテムに見えたろうな。

 ATOMショップのラインナップは、クリスマス関連以外もさすがにかなり変わっていて、これまでによさげな壁紙やパワーアーマースキンなんかが、いろいろとリリースされてきたようだ。現行のラインナップには、残念ながら私の好みのものはなかったけど、このへんも時の流れを感じるポイントだった。

 ゲーム内のクリスマスイベントとして体験できたのは、サンタスコーチがいた、ということくらいかな。

 スコーチの湧くエリアにいくと、サンタ服やパーティー用のスーツを着たスコーチが、通常のスコーチに混ざって歩いていた。これらのスコーチには必ず★が付いていて、当然★アイテムを落とすほか、確定でホリデーギフトなる「プレゼントの箱」も落とすようだった。

 プレゼントの箱を開ける(使用する)と、何かの設計図、ゲーム(爆発半径ボードゲームみたいなやつ)、酒(ニューリバーレッドエールとか)の3つセットが入っていた。箱には小中大の3サイズがあって、大きいほどいい設計図が入っているらしい。なにをもって「いい」設計図なのかはよくわからないけども。

 プレゼントの箱は自作することもできる。そこらのベンダーが売っている「ギフトラップ」とかなんとかいうアイテムを買い、細工台でクラフトして、それを自分で開けるという、完全なる自作自演の悲しいプレゼント交換(してない)を行うことで、スコーチ狩りをしなくてもプレゼントの箱からの設計図を狙うこともできる。

 さくっと6つほど大きいプレゼントの箱を自作して、開いてみたけど、出てきた設計図はすべて「○○の剥製」だった。うーん、いらない。

 クリスマスイベントはそんなものかな。報酬は概ね家具の設計図のようだから、自宅装飾勢とか、設計図コンプ勢にはいいイベントなのかもしれない。

 私としては、剥製なんぞがいくら手に入ってもなぁ、って感じなので、そんなに魅力がなかったかな。

 最後に久しぶりに遊んだアパラチアの感想も述べておこう。

 まず困ったので特筆したいのは、「パワーアーマーの中身が解除されていた(たぶん)」ということだ。

 ログインするなり、なぜか重量オーバー。おかしいと思ってインベントリーを見てみると、「パワーアーマーフレーム」はないのに「T-60右腕」などのパーツが2台ぶん合計12個も、ずっしりと入っていた。ログイン地点がスタッシュのそばだったからよかったものの、荒野のど真ん中でログアウトしていたら面倒くさいことになるところだったよ。

 難易度とかのゲーム部分は、特に変化なしかな。心なしかLv68スパミュが強かったような気がするけど、私の立ち回り不慣れ説が濃厚。細かい違いに気が付けるほどプレイしておらず。不明。

 プレイ人数はおそらく減っているんだろうけど、最大20人程度のインスタンスに割り振られるシステムなので、それを体感することはできなかった。ただ、なんとなくサーバーが貧弱になったような気もしたかな。読み込みが遅く、走って移動していると世界の描画もタイムラグがあった。快適なプレイ環境を、先だって導入された有料プラン用のプライベートインスタンスに割いているのかもしれない。ただのスタンダードプラン勢の被害妄想かもしれないけど。

 ってなわけで、久しぶりに訪れたアパラチア。正直、あまり変わっていなかったかな。バックパック導入時の復帰ほどには、やっておきたいコンテンツがないので、「生きたNPC」が導入されるというワイルドアパラチアまでは、そんなにプレイしなくてもいいのかもしれない。

 ほな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。