MW5M: 新傭兵部隊始動

 【ここまでの傭兵部隊】

 自機: Centurion CN9-A
 所有メック: 軽量級2、中量級1
 メック戦士: 2

 【あらすじ】

 Spearsの作戦通り、de Berry星系を無事に脱出することができた。

 それと同時に、失われた父の傭兵部隊に代わって、新しく私自身の傭兵部隊を設立することにもなった。ここから私の部隊がはじまるのだ。

 我が部隊の最初の仕事はSpearsからの依頼だ。彼には大きな借りがあるから、引き受けないわけにもいかないだろう。

 Spearsは宇宙を股にかけた発掘隊を運営しているらしい。星間連盟時代の遺失技術探しというよくあるやつだ。そんな彼の発掘隊のうち、Brookeland星系にある発掘隊の基地が、悪い傭兵部隊に襲われている。これを助けに行かなければ。

 チュートリアルから数ミッションを経て、やっと自分の傭兵部隊を設立するに至った。まだ仕事は選べず、ストーリーで無理矢理引き受けさせられたミッションをこなす日々だけど、だんだんと自分の部隊を動かしている感覚になってきて、気分もでてきた。

 途中、自分の部隊名を名付けるシーンがある。Battletechではグレイデス軍団にあやかって「Nez Fly Legion」としたんだけど、今回はハンセン荒くれ騎兵隊にあやかって「Fly’s Roughriders」とした。まぁ、どうでもいいか。

 序盤の難易度が従来作に比べて高いことは前回述べた。それと同時に、従来作よりもLRMが強い気がする。そういえばMWOもLRMは結構強かった気がするからな。

 特に序盤のヘリや戦車のような「当てにくいけど当てればもろい」相手には、ロングレンジからLRMで撃ち落とす作戦が効く。対戦車、対空ミサイルとして強い。後半の装甲の削りあいシーンになったらどうかはわからないけど、今のところ対空のお守りにLRMが外せない感じだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。