日記: 1月25日(2020年)

 ホーメルのベーコンビッツをお勧めしたい。・・・んだけど通販だと高い。

 そんな話。

 このベーコンビッツなるものがどういうものかというと、簡潔に言えば「サラダなどに振りかけるための細切れにされたベーコン」だ。それがボトルに入った状態で売られている。形状は写真の通り。

 類似商品としては、そこらじゅうのスーパーで売られているマコーミック(ユウキ)の「ベーコンフレーバードビッツ」ってのがあるんだけど、それとは完全に別物だ。

 マコーミックのはベーコンフレーバードビッツの名前の通り、あくまでもベーコン「フレーバー」なビッツであって、ベーコンではない。大豆たんぱくの粒に肉っぽい味を添加した物体だ。あえて言えば、ニセモノだ。

 一方ホーメルのものは、完全に「ただのベーコン」なのだ。ベーコンをカリカリに焼いたものを、細かく砕いてボトルに詰めたものになる。完全にホンモノなのである。

 なので、味の「肉!」感が全然違うし、使いでの幅も圧倒的に広い。サラダにかけてもいいんだけど、それ以外にも「ちょっと肉が欲しい」というシチュエーションでいくらでも使える。

 例えば、スープの具が欲しい時にささっとスープマグの上からベーコンビッツをかけてやれば、いい感じにベーコンの出汁が出てスープもうまくなるし、ふやけたベーコンが立派な具にもなる。

 例えば、シンプルな玉子チャーハンを作る時にも、一緒にベーコンビッツを振りかけて炒めるだけで、少しリッチな味わいになる。

 そしてなんなら、そのまま食べたっていい。キャップを開けて、口の中にダイレクトイン。ぎゅっぎゅっっと噛みしめるごとに肉汁と油とが唾液に染み出してくる感じは、ビーフジャーキーにも似た体験となる。

 ってことでFly!ではホーメルのベーコンビッツを強くお勧めしたいんだけど・・・難点はその入手性だ。

 私の生活範囲では、しばしば近所のカルディで売っているんだけど、通販で買おうと思うと異様に高い輸入ものしか見つからない。さすがにそこまでの価値はない。あくまでも簡単便利が主たる魅力の商品だから。

 なので、まぁ、見かけたら買ってみるといいですよ、という程度にオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。