日記: 3月12日(2020年)

 先月よりCOVID-19、いわゆる新型コロナウイルスの影響が猖獗を極めている。

 そんな中、突然体調を崩し、38.4度の高熱が出た。これはその記録である。

  • 3/8。夕方。のどに違和感。鼻水鼻づまり。下肢に倦怠感。体温36.2度
  • 3/9。朝。症状変わらず。36.4度。熱がないので花粉症を疑う。出勤
  • 3/9。14時。倦怠感が尋常ではなくなり全身に及ぶ。下肢の倦怠感はもはや痛感に。早退
  • 3/9。15時。帰宅。全身に耐え難い倦怠感、筋肉痛、関節痛。36.4度
  • 3/9。19時。鼻水、鼻づまりがかなり激しくなる。倦怠感も相変わらず。37.4度
  • 3/9。23時。症状改善せず。38.4度。コロナを疑う
  • 3/10。2時。36.7度。突然の解熱。倦怠感はほぼ消える。鼻水鼻づまりは残存
  • 3/10。1日を通して36.5度以上になることはなし。トイレ工事を最低限の接触で見守った
  • 3/11。症状からコロナではなくインフルエンザだったと推定。就業規定に従いこの日までの休暇を申し出ると、「この時期の高熱報告」に恐慌に陥った職場から翌日まで休めとの令が下る
  • 3/11。夜。ややぶり返す。36.7度。疲労感が高かったので早寝
  • 3/12。1日を通して36.5度以上になることはなし。鼻水鼻詰まりは依然としてある
  • 3/13。職場復帰。鼻水鼻詰まりは依然としてある。久々に仕事をしたら疲れた
  • 3/15。コロナは最初の症状から1週間後に急に劇症になるという話だが、この日もなにもなし。コロナの疑いを基本的には排除した

 と、まあ、そんな感じで現在に至っている。

 「4日間高熱が続いたら要相談」という国のコロナ窓口の基準と、「最初の高熱から1週間後に症状が劇的に悪化する」という症例報告とを目安に、自分の体調を観察した。

 まず高熱が1日で引いたことで、高熱が4日間続くという基準に沿わなかったので、早期にコロナの疑いを大幅に排除できると感じられた。

 そして1週間以上たった今、症状は完全に快方に向かっているので、おそらくコロナではなかっただろう。

 もしこの先私がコロナに感染するとしても、それはこの症状の流れとはまったく別のルートから感染したものになると思われる。

 また急に高熱が出る症状は、インフルエンザのそれに似ているので、インフルエンザだったのだろうとも思っている。そうであったとしても、1日で高熱は引いたので、軽い部類のそれだ。

 この期間内の他人との接触は、必要最小限であり、かつ、その最小限にも感染させないように注意を払ったので、私からインフルエンザなりをもらった人はいないと思っている。復帰後に聞いたところによれば、職場のデスクの近縁の人に感染者は出ていなかった。あとはトイレ工事の人だけど・・・平気だといいが。

 というわけで2020年3月の高熱事件は終わりだ。コロナ事件簿になるかと思ったけど、そうはならなかった。ネタ的にはおいしくなかったけど、コロナでなくて本当によかったよかった。

日記: 3月12日(2020年)」への2件のフィードバック

  1. Awayuki

    個人的には病状なんて個人によって変わるのであまり基準なんてあまり当てにならんと思っているが、こういうご時世なのでちゃんとした理由をつけないと自由に行動できないよね。
    とにかくコロナと限らず具合が悪いなら無理しないで休むのが一番。
    どこかでは「4日間高熱が続いたら要相談」という話を変に受け取って3日間熱があるのに仕事を続けて4日目に初めて病院を受診して大惨事になったとかあったしな。
    どうしても休めないような人はかわいそうだね。

    ちょっとドキドキして見ていたが無事で何より。
    次はコロネの食レポでもお願いします。

    返信
    1. Nez/蝿 投稿作成者

      うむうむ、無事で何より。
      コロニアル様式の建築物を愛でていこうと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。