TD2: いざ始まりの地へ!

 2020年3月3日、新拡張Warlord of New Yorkリリース!

 キタキタキタ!

 早速ログイン!

 ・・・ECHO-07
 ・・・ECHO-02
 ・・・ECHO-02
 ・・・ECHO-02

 はい、入れませんでした。

 ってことで、The Division 2新拡張「Warlord of New York(WoNY)」。リリース初日はログインできないで終わったのでした。

 予想はしていたとはいえ、やっぱりなのかまっしぶ・・・。

 聞いた話では、ログインできた人達も、内部でNPCにアクセスできなかったりというバグに見舞われたようなので、ほとんどの人はまともにプレイできなかったらしい。

 これはおとなしくホットフィックスされるまで待つのが正解だな。Division 1ではこういうときに無理やり進めようとしたら、フラグがうまく立たなくて進行が詰んでしまったことだし(UBIのサポートに言っても解決せず、結局キャラデリになった)。

 そして1日後。

 ホットフィックスされた後にログインを試みたら・・・入れた!

 起動時の背景からすでにWoNYバージョンにかわっていて、心機一転の風がある。今までのまぶしい真っ白背景より、こっちのほうがいいな。

 そしてホワイトハウスの南庭からヘリコプターにアクセス。

 「ニューヨークにいくとクリアするまでワシントンD.C.に戻れませんよ」

 という警告を承諾し、ついにエージェントは始まりの地、ニューヨークに戻ったのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。