TD2: ジェームズ・ドラコフ撃破

 1人目のマンハントミッションを達成した!

 今回挑んでみたのは、金融地区のマンハントミッション「ウォール街」。対象は元警察官のジェームズ・ドラコフだ。

 結論からいうと、レベル32ソロで、特に死ぬようなこともなく無難にこなせた。ただ、簡単だったかというとどうかな。難しすぎない程度に厄介だった、っていうくらいだと思う。

 このミッションは比較的「回り込まれる系」だった。そして同時に「自分が動かないといけない系」でもあった。この2つが組み合わさった結果、常に左右からの攻撃に注意して、キョロキョロし続けないといけない、そういう神経の使い方が求められるミッションだったと思う。

 なので初心者殺しといえばいえるミッションだったかもしれない。だけど、そもそもWoNYをプレイしている初心者なんていないと思われるので、問題ないレベルだろう。繰り返しプレイすると思うと億劫だけど、慣れればそうでもないかな。

 ちなみに現在のスキルセットアップは、かつてのレベリング時代にお世話になった、信頼と実績の組み合わせ「ケミラン&タレット」にしている。

 今はまだ、「手に入ったものの中からレベルの高い装備をテキトーに装備している」という状況なので、スキルの攻撃力や回復力は残念な感じだけど、そういうときにこそこの組み合わせは輝くな。スキル系ステータスの値が低くても、緊急の回復や、敵の攻撃・制圧・索敵と、常に一定の働きをしてくれる。無駄がない。コスパがいい。

 同時に、スキルシステムの変更も体感できた。スキル系ステータスをガン盛りしなくても、タレットのクールダウンが24秒と現実的だったり、タレットは敵に壊されても自壊させてもクールダウンが同じだったりと、とっつきやすいものになっていた。今のところは、以前よりもスキルを気軽に使いやすくなったと思う。

 こういう変更点の発見も楽しいな。他のスキルも試しながら、次の地区、次のマンハントに歩を進めていくことにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。