FO76: マイC.A.M.P.に仲間が来たりて

 Wastelandersの新しい要素の1つ「仲間」。

 英語版ではAlly。Fallout 4で言えばコンパニオン。

 そんなシステムが追加されたというので、早速そのうちの1人を仲間にしてみた。

 仲間にしたのはベケット君。元レイダーで元ジャンキーのちょっと情けない男。こいつがレイダーのアジトに監禁されていたので、それを助け出したところ、仲間になってくれたのだ。

 そして・・・なるほど。

 これは仲間といっても、Fallout 4のコンパニオンとはちょっと違うね。コンパニオンのように連れまわすことはできない。ただ自分のC.A.M.P.に居ついてくれるだけのようだ。

 居ついた仲間は、そこでミッション提供者、兼、ベンダーのようにふるまうらしい。Fallout 4でもベンダーを何人か居住地に呼べたから、その要素に近いようだ。ベンダーNPCと、連れまわしていないときのコンパニオンを足して2で割ったもの、というのが最も近しいかもしれないな。

 なんにせよ、C.A.M.P.に帰った時にそこに誰かがいる、というのは今までよりもホっとできてよさそうだ。

 さて、仲間になるNPCは他にもいるらしいけど、新しい仲間を増やしても、同時にC.A.M.P.に呼べる仲間は1人だけだそうだ。

 となれば、まずはこのベケット君との親密度をあげるべく、ベケット君ミッションラインを、しばらく重点的にこなしていくことにしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。