TD2: TU11.1 新サミット

 「パッチが当たったとしてもサミットが変わったくらいでDivision 2に復帰はない」

 と言った舌の根も乾かぬうちに、Division 2の世界を覗いてきた。いやー、暇だったのでね。様子見に。

 ってなわけで噂の新サミットを遊んできたので、軽く記録しておこう。

 新しいサミットは前評判通り、「初回は1階からスタート」「難易度・ディレクティブをエレベーターで設定可能」「マップ画面でターゲットルートを設定可能」という仕様になっていた。いわば「ランダムハクスラダンジョンを自分で設定して作ろう」的なコンテンツになったというわけだ。

 これは実に妥当なリワークだ。もともとサミットは今までのコンテンツに比べて、「ロケーションを楽しめない」という、オープンワールドゲームとしては致命的なディスアドバンテージがあるコンテンツだったから、それを補える魅力として、このくらいの特徴は最初から持たせるべきだった。当初からそう思っていた私としては、その部分がピンポイントに問題点だと捉えられ、改善されたことは、自分の見る目を肯定されたようで、ちょっとうれしい。自分もまっしぶもわかっているな、という感じで。

 今回は1階から10階までを、「ヒロイック、ディレクティブ×3(Exp.+75%)」「ターゲット:ファウンドリィブルワーク」にして遊んでみた。

 難易度は以前のサミットで「ヒロイック&ディレクティブ×3」階だった旧70階台と同じになるかと思ったけど、それに比べるとだいぶ簡単だった気がする。同じ設定でも低層階だと簡単になるとか、そういう仕様があるのかもしれない。

 またターゲットルートにした「ファウンドリィブルワーク」は、チェストとバックパックはドロップしなかった。レイドじゃないと手に入らないこれらも、もしやサミットで手に入らないかなぁ、と思ったけど、駄目なようだ。試行回数が少ないとはいえ、まぁ、きっとまだ一般人には解放されてないだろう。

 ってことでちょっとだけ見てみた11.1のサミット。すごくキャッチーというわけでもないけど、基本的に純粋な改善だと感じられたので、いいんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。