FO76: スクライブ・オブ・アヴァロン完走

 シーズン3のS.C.O.R.E.ボード「スクライブ・オブ・アヴァロン」を完走した。

 S.C.O.R.E.ボードを完走したのは初めてのことだ。シーズン1「レジェンダリーラン」はまったく触りもしなかった。シーズン2「アーマーエース」は後半になってからプレイに復帰したので、中途半端に進めたところで期間が終わってしまった。

 そして今回の「スクライブ・オブ・アヴァロン」は、はじめてその期間の最初から最後までをプレイできたS.C.O.R.E.ボードとなり、無事達成に至ったというわけだ。

 S.C.O.R.E. 100までにかかった期間は、ほぼちょうど2か月。与えられた猶予期間は3か月だったから、まぁまぁの余裕を持っての達成となったといえるだろう。

 プレイ頻度はかなり高かったと思う。毎週のウィークリーは「Nuclear Winter(NW)とデイリーオプスを除いて」ほぼすべて達成してきた。デイリーも同じ条件で9割以上こなしたんじゃないかな。かなり堅実にこなし続けたはずだ。

 期間の余りようからすれば、もう少しデイリーなどはサボっても平気だったとは思うけど、どのくらいまでサボりが許容されるかが、はっきり数値としてわからないから切迫観念が強くて、かなり詰め込みめにプレイしてしまったかもしれない。

 さて、実際に完走しての感想というか、報酬についてだけど、PerkカードとPerkコインが最も嬉しかった、といって差し支えないかな。モチベーションの大半は、この報酬目当てだった。

 Atom報酬ももちろん普通にうれしい。ただAtomは、私がエリクサー症候群に罹患しているため、どうしても思い切って使いにくく、無駄に温存してしまって、なかなか有効利用できていない。財布の中で腐っている。

 現金や金塊も悪くない報酬だった。メインキャラではもう不要だけど、3人目のキャラを育てていた都合上、そこに投入できる資産となったので、成長の補助として有用だった。

 いくつかの家具。これらはなくてもいいけど、もらえたおかげで多少のハウジングの楽しみ増加となった。

 いまいちだったのは装備系のスキン各種。好みに合うものがなく、結局一つとして使っていない。一番ハズレ報酬だった。エモートもいらないかな。

 ってことで今シーズンのS.C.O.R.E.ボードを完走してしまったFallout 76。S.C.O.R.E.稼ぎがプレイの最大のモチベーション、というようなところがあったので、いまや次のシーズンまでは、Fallout 76で遊ぶ理由が少なくなってしまったな。いちおう、3人目の育成がまだ途中だから、こいつの再建稼ぎのためにチョボチョボとデイリーをしていくのは無駄ではないけど・・・まぁ、しばらくは低頻度プレイにしてもよさそうだ。

 まったりとシーズン4を待つとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。