日記: 9月2日(2021年)

 久々のグルメ回。

 今回は、無印良品のレトルトだ。

 バターチキンカレーをはじめ、おいしいものがあると聞いてはいたものの、今まで食べたことのなかった無印良品のレトルト食品。それを今回、丁度別件で無印良品に行く用事があったのをいいことに、ご飯とともに食べるものの中から、いくつか選んで、買い込んできた。

 それぞれの感想を記録したい。

 【バターチキンカレー

 定番中の定番。無印良品の店舗のみならず、ファミマなんかでも売っているのを見たことがある。のだけど、今まで買ったことはなかった。で、感想なんだけど、うん、おいしかった。今回買ったものの中では、結局これが1番よかったかな。評判は正直だ。

 【辛くないグリーンカレー

 辛いのが苦手なのでいいかなと思ったけど、本当に全く全然辛くないのは、それはそれで微妙な感じだった。グリーンカレーという日本人からすると不慣れな味を楽しむのに、辛さという刺激が逆に緩衝材になっていたのかもしれない。辛さがぼかしてくれないぶんだけ、異国の味が強調されていて、修行の足りない私には合わなかった。

 【たまねぎのカレー】

 ・・・というような名前のカレーを買って食べたはずなんだけど、いま無印良品のサイトを見てみるとないなぁ。リンクが張れない。廃盤になったのだろうか。食べた感想としては、名前の通りたまねぎのカレーという感じで、たまねぎの味というか甘みがかなり強いカレーだった。そのことがプラスよりはマイナスに感じられて、甘すぎていまいちだな、と感じたから、廃盤になったのであればさもありなん。

 【ごはんにかけるチリコンカン

 辛いミートソース&豆。まぁ、その通りの味。これはおいしいはおいしかったよ。ただ、私にはちょっと辛すぎたかな。もう少しだけ、気持ち辛くないほうが好みだった。そしてそれをご飯にかけずにそのままちびちび食べたい。そんな感じのものだった。

 【ごはんにかけるバクテー

 異国のスパイス風味を強くしたルーローハンって感じのもの。肉が少ない。ほぼ汁。汁でごはんを食え、2、3片だけ肉を食ってもいいぞ。という感じのもの。不味くはないけど、コスパがいまいちだと感じた。これなら髭張のルーローハンレトルトのほうがいい(入手性がうんこだけど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。