MO2: その後のいろいろ

 本島、こと、Naveに到着した後の出来事やら何やらを、思いつくままに述べていく回。

 【本島では経験値が稼げない】

 これね。一番痛かったのはこれ。

 本島に来てからというもの、クレードギフトの経験値稼ぎがほとんどできなくなった。キャラ育成勢の貴重なプレイのモチベが消えた。

 初心者島では楽だった。墓場のアンデッドのポップ率は高く、ダンジョンにいけば経験値を16もくれるくせに弱い山賊がうじゃうじゃいて、サーバーがインスタンス制なので獲物の競争もほとんどなく、安全に経験値を効率的に稼ぐことができた。楽しい日々だった。

 でも本島に来てみたら、様相は一変した。墓場にはなかなかアンデッドがわかない。ダンジョンには強さそこそこ報酬うまうまな山賊ではなく、経験値2しかくれないまずまずアンデッドしかいない。屋外の山賊キャンプはソロで攻略するには数が多すぎ、そして性能が高すぎる。と、ソロで効率よく経験値を稼げる場所がほとんどなかった。探せばあるのかもしれないけど、今のところ見つけられていない(そして、もしそういうおいしい場所があれば、そこはPKerの狩場にもなっているだろうことは、想像に難くない)。

 というわけで、ぼっちが本島でレベル20を目指すのは、非常に難しそうだ。

 こうなると「初心者島で20にしてしまうべきだった」と思わないでもないけど、それをやると「初心者島でゲームクリア」という悲しいことになるしなぁ。それでも10台半ばあたりまでは、初心者島で経験値を稼いでおくことを、ボッチのキャラ育成勢には推奨したい。

 理想を言えば、本島にアンデッドと山賊の中間の難易度のコンテンツがあればいいんだけどね。私はこれを発見できていない。

 【本島の山賊は強い】

 本島の山賊は、初心者島の山賊より数段強い。攻撃力や体力はそんなに変わらないんだけど、パリーの精度が違うし、フェイントも頻繁に挟んでくる。倒せるときはあっさり倒せるんだけど、パリーやフェイントのランダムな発生回数が上ぶれしたときには、負けそうになったりする。運が絡むので戦闘するのが怖い。

 そしてそんなに強いくせに、得られる経験値は初心者島山賊と大差なし。しょっぱい。

 【ラグいかも】

 本島は少し初心者島よりラグいのかな。完璧にパリーが間に合っているようなタイミングで、少なくとも初心者島では成功していたようなタイミングで、しかしパリーに失敗して、ざくざく斬り刻まれることが多々ある。

 これは本当にストレス。Mordhau/Chivalry式の戦闘で、パリーの成否がWYSWYGじゃないのは致命的。

 【鎧生産を強化した】

 写真のような姿に現状なっている。本島にしかないレシピを活かして、プレートアーマー風のものを作成できるようになった。

 これで防御力は底上げされたはずなんだけど、本島山賊と戦ってみたところ、大してその恩恵は感じなかったな。厳密に計れば多少被ダメージは減っているのだろうけど、プレートアーマーになったから本島山賊2匹を同時にあしらえるか、というと全然無理で、1匹相手ですら苦戦することも多々ある。そんな結果だった。

 ちなみに金属鎧に見せかけて素材は骨と皮。

 【鎧が重い】

 プレートアーマーを作れるようになったものの、全身を装甲厚最大のプレートアーマーにすると、装備重量が重すぎてダメだった。

 結局、胴体だけ装甲厚を最大にして、頭と手足は半分以下設定、脚に至っては革鎧という組み合わせで、重量と装甲との妥協点とした。こういう妙なリアルさ、細かい設定の可能さは好き。

 同じ鎧でも使う素材の量を増減させて装甲厚を変えられ、それで重量と防御力が変わるゲームなんて、MMORPGはおろか、普通のゲームでもはじめてかもしれない。

 【弓が作れなくなった】

 プレートアーマー製作スキルを伸ばすために、弓製作スキルをなくした。グッバイ、弓製作。いい弓はマーケットで買おう。

 【馬がよく死ぬ】

 馬をかれこれ3回殺した。新しい馬に乗り換えるたびに、名前に何世かのローマ数字をつけている。

 現在の愛馬は「Uma V」。ウマ五世だ。

 死因の大半は、段差による落下死。馬での走行は楽しいんだけど、人間ならダメージも食らわない程度のちょっとした段差ですら、油断すると馬は派手に落下して死んでしまう。運転は注意して行いましょう。

  • ウマ: 念のため厩舎に保存
  • ウマ二世: 段差による落下死
  • ウマ三世: 段差による落下死
  • ウマ四世: PKerにより殺害
  • ウマ五世: 現役

 【PKされた】

 山賊との戦闘後の休憩中に、急に馬に乗った魔法使いに襲われた。

 今にして思えば、その場で反撃したほうが、自分の経験値となってよかったと思うんだけど、その時はすでにダメージを負っていたこともあって、即座に逃げ出してしまった。

 でも、相手は騎馬でかつ遠距離攻撃者。延々と追いかけられて、魔法を数発食らった末に、敢えなく死亡と相成った。久々にMMORPGでドキドキした。

 さて。正直このゲームはあんまり貴重な資産とかないし、街に帰ればすぐに元通りになる程度の装備しかなかったので、損害は気にするほどでもないから、その辺はまぁいいとしてだ。

 こういう場合の最適な対処というか、「戦うとしてどうすればいいのか」みたいな知見がなかなか蓄積できない環境なのが、ちょっときついな、と感じた。

 今回の場合で言えば、「騎馬魔法使いのやられて嫌なこと」「徒歩戦士としての最適な対処」がわからない。「殴れば詠唱は止まるのか」「樹の後ろに隠れて視線を切るような行動に意味はあるのか」「被魔法ダメージはPSY値以外で伸ばせないのか」「馬で移動しながらキャストできるのか」「徒歩で追いかけても一生カイティングされてしまうのか」「つまり最初から詰んでいる組み合わせなのか」そういったことが死をもってしてもわからないし、今後もわかるようになる手段がないんだよなぁ。

 勝ち負けはどうでもいいんだけど、1つ1つの出来事から、そういう知見を蓄積していけないのは悲しい。死ぬごとに少しは強くなりたい。仲間がいればスパーリングなどで情報は集まるのかもだけど。

 【複数のキャラ枠欲しい】

 このゲームはやりたいことが多いんだけど、それを満たせるだけのスキル合計値がないばかりか、別のことをやらせるためのサブキャラ育成枠すらない。1アカウント1キャラ。

 魔法使いも試したいし、ビーストマスターも試したいし、弓騎兵も試したいなああああああああ。

 でもさすがに複アカするほどのゲームではない。

 【迫る課金日】

 Steamで購入したのはパッケージ+1か月のサブスクリプション。開始したのが1月30日とかその辺だったと思う。そろそろもう1か月のおかわりをするかどうかの決断の時だ。

 どうしようかなぁ。

 キャラ育成ゲームとしてはすでに8割がたは完成してしまっている。世界を全く見て回っていないので、そういう散歩をしていくことはまだまだできるけど、見て回るほどの物がどれほどあるか。頑張ってここでゲーム紹介をしたものの、「私も始めました」的な人も出なかったから、特にしがらみもないしなぁ。

 そしてまずそもそも課金の支払い方法が実はわかってない。調べて対処はもちろんできるけど、それをするのがなにより面倒くさい・・・というのが中断のきっかけになりかねないレベル。自動で継続になっていたら、間違いなく継続してしまっていただろうに。

 はてさて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。