日記: 5月28日 (2004年)

 家でラーメンを作って食べますか?

 私はよく食べます。朝昼晩問わず。私が食うのは大体袋入りの生タイプのもので、これに適当に具などを加えて、自分なりに豪華な食事にしたりもする。

 さて、そのラーメンの具と言えば、代表的なものにチャーシューというのがある。チャーシューというのは、もともとは「焼き豚」のことであり、豚肉に水飴などを塗って、その名の通り焼いたものを指すわけだけど、ラーメン界におけるチャーシューというのはほとんどの場合「煮豚」、すなわち醤油ベースのたれで、長時間ことこと煮込んだ豚肉を指す。前者は甘辛く、後者はおおむね塩辛い。

 で、だ。家でラーメンを食う際に、チャーシューを具として入れようとすると、最も手軽な手段としては、市販のチャーシューを購入し、入れるという方法が考えられる。この場合に使う市販のチャーシューは、大別して、ハムのように大きなブロックで販売されているものと、ラーメンの具材用にスライスされた少量のものがある。ま、どちらでもかまわないのだけど、これについて非常に不可解な疑問、というか不満があるのだ。

 これはもう、市販のチャーシュー全般に言えることなんだけどね。あのね。

 どいつもこいつも甘すぎだ。

 ブロック販売されているものは、ラーメンの具材としての用途ばかりを想定しているわけではないので、まだ許せる。しかし、明らかにラーメンの具材用である、少量販売のスライスチャーシューまで、どうしようもなく甘いのは、一体どういうことなのか。

 前述したように、ラーメンの具材用のチャーシューというのは、水飴等を使用する、甘辛い焼き豚ではなく、醤油ダレで煮込む塩辛い煮豚なのである。甘さなどほぼ必要ないのだ。であるにもかかわらず、市販のラーメンの具材用チャーシューは、ことごとく甘い。ラーメンにいれて食べるなど、およびもつかない味なのである。

 そんなわけで、市販のチャーシューを食うよりも、遙かにマシで安い、単なる豚バラ炒めをラーメンに入れて食う今日この頃なのだけど、いつかマシなチャーシュー麺を家庭で食ってみたいので、食品メーカーさんには、もう少し努力をしていただきたいものである。

PS.
 N計画関係者へ。
 今週は忙しく制作が滞っております。飽きたわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。